ここから本文です

創立総会 「単元株式数についての定款の変更であって、 定款に「種類株主総会...

tha********さん

2017/11/203:08:06

創立総会

「単元株式数についての定款の変更であって、
定款に「種類株主総会の決議を要しない」旨の定めがある場合は
適用されません。」

単元株式数の変更では、通常、取水株主総会を

開催しなければならないと読めます。一方で単元株式数が変わることで種類株主に不利益が出るケースが思いつきません。

その種類株式数を含む「全体」の株式を単元化しても、その種類株主の経営割合は変わりません。
どのようなケースを想定した趣旨なのでしょうか。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

大原 秀さん

2017/11/203:27:30

A種株式が1万株、B種株式も同じく1万株発行されているとします。

すると、株主総会を開いた場合の議決権は対等ですね。

ところがここで、B種株式の単元株式数だけ2にするという決議が成立したとします。

そしたらB種株式の議決権数は5000個になりますね。

いきなり「いつもA種株主より不利」という状態が生じます。

こういう場合は、定款に不要という定めがない限り、B種株主総会の決議も要する、ということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる