ここから本文です

裁判所事務官(裁判所職員)総合職について。 ①裁判所事務官にも総合職というもの...

law********さん

2017/11/915:00:05

裁判所事務官(裁判所職員)総合職について。
①裁判所事務官にも総合職というものがあるらしいですが、国家公務員総合職とは異なり、地域ごとに採用されるようですね。
ということは、原則的

にその地域で異動があるということでしょうか?
②公務員で総合職、それでいて試験に政策論文などもあるようなので官僚というイメージがあるのですが、どうなのでしょうか。というのも、裁判所には裁判官というエリート・オブ・エリートがいるため、霞が関の官僚とはまた違った形になるのではないかと思っています(具体的には法務省の総合職のような感じ)。
③裁判所職員のキャリアパスといえば、内部試験をクリアして裁判所書記官になった後、定年後に公証人というようなイメージがあるのですが、総合職の方々も同じルートを辿るのでしょうか。それとも、事務道を突き進むのでしょうか。

閲覧数:
1,101
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ko_********さん

2017/11/1209:37:05

裁判所で事務官をしています。まだまだ新米なので間違っていることがあったら申し訳ありません。
①地域で採用されますが総合職は全国転勤です。どうせ全国転勤なのになぜ地域で採用しているのかは謎です。
②あくまでも私の感覚ですが総合職が官僚といった感じはしないですね。裁判所は実力重視なところがあるので、高卒でも次長レベルまで昇進することもあります。ただ、やはり総合職は昇進が速いですね。研修なども総合職は別にやり、管理職として活躍することを期待されていると思います。
③少なくとも書記官資格は必ずとります。事務局で昇進するにも書記官資格がなければ一定までしか昇進できません。50代後半辺りで簡裁判事になるのが一番の出世ルートになるのかなとは思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「裁判所事務官」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる