ここから本文です

夫の所有する株式を譲渡しないために保全しました。

アバター

ID非公開さん

2017/11/421:35:56

夫の所有する株式を譲渡しないために保全しました。

債権は夫の暴力行為の慰謝料でした。
それが債権として有効だから保全できました。
有効ということはその債権の慰謝料を請求できるということですか?
保全はできましたが、離婚のための保全になっています。
調停は終わりました。
保全と調停は全く関係ないでした。
家裁でなくて、地裁の保全が良かったです。
保全の債権を請求していいのですか?
というか、債権について何も知らない調停がおかしいです。

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mnb********さん

2017/11/512:03:03

保全の目的と
調停の目的の
同一性が要求される。

例えば、
保全の目的が、慰謝料の請求権
調停が、財産分与
これは、同一でないので、保全債権では担保されない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる