ここから本文です

ソニー生命の米ドル建終身保険について質問です。 先日保険の営業員が来て、こ...

kis********さん

2017/11/513:52:39

ソニー生命の米ドル建終身保険について質問です。

先日保険の営業員が来て、この保険を進めてきました。
すでに終身保険はソニー生命で入っていますので、
追加の契約です。

この保険を払い込み10年とし、契約後15年以降であれば
解約返戻金が100パーセントを超え、年数が経つごとに返戻金のパーセントが上がっていくので、寝かせておくと有利になります。

営業員がいうには、この保険を死亡したときに保険金を受け取ってもいいし、解約返戻金の率がよくなる20年後ぐらいから、年金代わりとして受け取ることもできるので、おすすめらしいです。

さらに私(女性)が契約すれば、夫(男性)が契約するよりも月々の保険料も安くなるとの事。

個人的には、年金保険をそろそろ探そうかなぁと思っていたので、
ちょうどいいのかな?とも思いますし、為替リスクがあるのも不安です。
営業員が言うには、年金保険はほとんど増えないので、この米ドル建保険の方がお勧めです、と言っていました。一気に解約せず、毎年少しずつ解約することができるそうです。

この保険、夫婦の年金保険の代わりとして契約するのはどうでしょうか?
個人的には少し高額なので、半額ぐらいなら契約してもいいかな?と思うのですが。

詳細
保険金100,000ドル(約1,130万円)
払い込み期間 10年
保険期間 終身
毎月支払額 366.60ドル(約41,426円)
総額支払額 43,992ドル

解約返戻金
契約後20年後 115.79%
契約後25年後 130.43%
契約後30年後 146.16%



死亡すればどのタイミングでも100,000ドル保険金がおります。

閲覧数:
6,061
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

all********さん

2017/11/519:34:45

仕組みがよくわかっていれば
誠意ある営業は資産運用目的で終身保険は案内しません

保険である以上、
亡くなった時にまとまった額を保険会社は支払う必要があるので
この準備のためにお金をプールしなければなりません
このプールするお金は保険料に含まれています
保険であるために発生する経費のようなイメージです

この経費は終身保険が一番高いのです
一方、期間が限られている養老保険はこの経費は少なく、
さらに個人年金保険はこれがほとんどありません

つまり
月の支払額が100ドルとしても
そのうち経費が多いのが終身保険、次に養老保険、個人年金保険となります

このことから
死亡時の保障が必要なく、老後の年金受給を目的とするなら
終身保険でない方がより増えることになります

外貨建ての良し悪しもありますが
同じ外貨建てにするとして死亡時の保障が目的でないなら
終身保険は誠意ある営業なら提案しないと思います

お決めになるなら
外貨建ての養老保険や個人年金保険と比較してからがよいと思います

それに他の回答者も書いていますが
同じ外貨建ての終身保険なら他社の方がパフォーマンスが良いです

個人的な感想として
□その担当者はあなた方夫婦にとって最適な商品提案をしていない
□その商品にするなら他社の方が優位性がある
ということです

質問した人からのコメント

2017/11/9 21:27:34

皆さん、ありがとうございました。
アドバイスにある通り、ほかの商品もいろいろと調べてみようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syy********さん

2017/11/610:29:01

ソニーだったらドル養老の方が終身より良いんじゃないですかね?

円建ての学資保険も再開しましたから纏まったお金が有る様でしたら
全期前納だと戻りは良かったはずです。

umi********さん

2017/11/608:27:23

個人的にはオススメ。
為替リスクは長期保有で解消できます。
要は使う予定のないお金ですることです。
私はプルデンシャルで同様の保険に
入ってますが、15年前ですので利回りがかなり良いです。
解約時の為替手数料の確認はすること。
プルデンシャルは要りません。ドル、円
どちらでも受け取れますので、その時の
レートで考えればいいのです。
ポイントはすぐに換金する必要がないお金でする事で為替リスクは解消します。

私の場合はほぼ1ドル100円付近での
支払いでした。
110円付近での売却なら10パーセント上乗せ。

あとリスク分散の為にもいいですよ。
中国、北朝鮮が戦争を仕掛け円が暴落すれば
それもよし。
日本経済が破綻すれば、それも円の暴落。
逆にアメリカがダメになることは、
すなわち日本もダメということですので
そちらにリスクはあまり考えなくても
いいとは思います。

roo********さん

2017/11/520:10:55

下記の方も言われていますが、他の保険商品と比べてみてください。
ソニー1社ではなくて、代理店などでいろんな商品を確認するのが良いと思います。

老後の資金を準備する手段は『保険』だけではありません。
確定拠出年金や投資信託や株だの腐るほどあるので、ご自身の考え方に合うものを選択するのが正解です。

で、保険料から察するに、ご年齢は40歳あたりかと思いますが、それなりの人生経験があれば、世の中の仕組みはご理解されていると思います。

すべての人間が、真にお客様の為に仕事をするわけではないってこと。
それは保険の営業に限ったことではありません。医者なんてクソですからね。

で、もし私がソニーの営業担当でお客様のことを大切に思うのであれば、ドル建て外貨終身のみで提案はしませんね。ソニーには他にもいろんな貯蓄性のある商品はありますので。複数の商品をテーブルに並べます。

これ以上言わなくても、お分かりだと思いますが…。

因みにソニーの外貨終身は、円高になったなと思ったときに、保険料をまとめて支払う事が出来ます。メットライフの返礼率はソニーに比べるといいですが、途中でまとめて払う事はできないです。こういう『違い』も1社専属の営業担当者からは教えてもらえないでしょう。

『情報』は自分で集めるのが世の鉄則です。『言われるがまま』になると、人生損をしますよ。

jap********さん

2017/11/516:29:33

私はドル建てはアリと思いますが、ソニーのドル建てが無いと思ってます。メットライフのドル建てを見てください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる