ここから本文です

中学生の越境通学についてご意見おきかせください。 私の子は中学1年生です。 ...

アバター

ID非公開さん

2017/11/915:01:43

中学生の越境通学についてご意見おきかせください。

私の子は中学1年生です。
運動部に所属しています。

現在の小学6年生が、越境通学で通ってくるらしいと噂があります。
私の子が通

っている中学校の学区内の小学6年生の親が、誘っているようです。
それも1人とかではなく、数名の親に声掛けしているようです。
誘われた親も、その気になっていると聞きました。
知人に、誘われている親にどこの中学に行くのか聞いてもらったら、
「今の学区内の中学には行かない。どこに行くかは考え中。」と言われました。

市としては「よほどの事情(いじめ、転居予定等)」以外の越境は認めていません。
そのため、誘っている子の家に住民票だけ移すそうです。

今まで「先生(部活の顧問)を慕って」「行く学校に部活がないから」と言った理由で越境している人は聞いたことありますが、親が誘い合ってと言うのは初めて聞きました。

越境通学してくる子の中に、とても強い子がいるので、私の子は試合に出られなくなる可能性があります。
それに、入学前の親が誘っていることにも、モヤモヤしています。
これからも続けていきたいため、表立って意見を言うこともできません。

よくある事とあきらめるしかないのでしょうか?

閲覧数:
491
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fit********さん

2017/11/916:53:53

そういう話を中学校の先生に相談されたことがあります。(私には何の肩書もありません)

その時感じたことを書きますね。

それは教育としては「間違いに近い…」と私は考えています。
しかし、結果から言いますと確かにどうすることもできませんね。


「なぜ間違いと思うか?」

子供のために何らならないと思います。

そういうことがしたければ「クラブチーム」等に所属すべきです。
そういうシステムがあるのですから…(ない場合は仕方がない)

クラブチームとは発足当初からそういう目的ですので、不平不満を感じる人は少ないからですね。


個人的な考えですが…
學校の部活とは「教育(の一環)」を前提としたものですが、
対してクラブチームとは「プロ(勝利)」を前提としたものと考えます。

部活は「学業」の下に位置しますが、
対してクラブチームとは「学業」を無視したもの(全く違うもの)です。

學校の部活とは「人間育成(勝利以外)」に重きを置くものであり、
対してクラブチームは「現実視させること(勝利のみ)」に重きを置くものと考えます。(どちらも勝利を目指すのは構わないが)

學校の学区内の人材(材料)でいかに創意工夫して行うか?はある意味「平等」ですが、「引き抜き」は「不平等」ですね。

こういたことを考えてない大人が多い…


それは実は「いじめ」を生みやすい環境をつくることになります。

事前に、そう予測しましたら、実際にその学校では格差的ないじめと、陰湿ないじめが発生しました。

これは男女に違いはあるのですが、脳科学的に特に男性は「地位」に女性よりも固執しやすい傾向があります。(人間の本性)

ポッと出の優れた能力者に地位を奪われるわけです。
これに反発するもの…媚びるもの…が当然出てきますね。


①その越境者をいじめるタイプ

失礼ですが、越境者にたいしそういった感情はすこしはありませんか?「その子のせいで試合に出られない」
私は他人事ですが普通にそう思います。

これは、あなた様が大人であるためにイジメにはなりませんが、人間の本性から考えますとごく自然な感情です。

「子供」というのはこういった感情を制御する能力が未発達と考えなければいけません。(現実的には約30歳で精神的に大人と完成する)

このいじめの感情を抑えきれない可能性が大きい。


②その越境者(優れた能力者)に媚びるタイプ

これは①よりもっと陰湿ないじめと言えます。
その越境者に対し、正攻法(能力)では勝てない。別の方法でも勝てないと感じ、自分のプライドを弱者(補欠等)をいじめて満足させるタイプです。

質が悪い…


こういった「格差(部活内カースト)」を生むために、たいていの人にあまり良い影響は与えません。

ただし、それを覚悟して3年間続けた補欠の子には賞賛しました。
覚悟してたからか、②のタイプに「お前らはおまけだ。クズだ。」「いなくてもいい存在だ。」「やめたら?」と言われても続けましたが、結局は「社会」に出たら彼の一人勝ちではないかと思いました。

社会は部活のように甘くはない…

つまり、補欠以外の子供にとってはあまり成果はないと予測できますね。

補欠の子は精神的に大人になった…のみしか成果はない。


先生は勝利”だけ”を目指す。
勝利のためには手段を択ばない…(越境もその手段の一つです)
必然的に勝利のためなら汚いことも行う。(もう実際「越境」行ってるわけですし)
当然子供の精神も汚く染まる…

「そこに教育はないのでは?」と考えます。
「社会の汚さを現実視させる」のは良いのかもしれません。

ただ、私の近くの中学校では悲惨な結果に終わっています。


このスポーツで、「教育」と「勝利」は難しいバランスを持つものです。
中学校の教師でもわからないくらいですし、私にも完全にはわかりません。

ただ、負けばかりの弱小の柔道クラブの指導者に学んだことは、勝利以外の人間としての素晴らしい「礼儀」「相手のことを考える」等を学ばせたほうが、大人になった際に絶対的に良いということははっきり言えますね。

(実際、皆良い大人になっている)


はっきり言って、中学校以下(精神的に未熟な人間相手)で「勝ちにこだわる部活の先生」はろくな人間ではないということ…は、かなりの確率で当たっていますね。

その柔道の指導者の方も他の柔道の指導者等を見てそういったことがありました。



「いじめ」とは、軍隊のような環境下で多発しやすい性質を持ちます。
「規律」が厳しいほど起きやすい。
「真面目」なほど起きやすい。
「格差」が明確なほど起きやすい。

こういった性質を理解しているなら、中学校以下では柔道クラブの先生のような「勝ち」以上の大事なことに重きを置くために、越境などさせないと思います。



ところで、その越境する学校って、例えば、県下1位の強豪校ではないのでは?
もっと強い学校があるのでは?


はっきり言って「予測可能」なんです。
あまりに幼稚なので…(先生、越境者の親、誘った親)

なぜ強い学校に行かないか?
そこでは勝ち残る自信がないからです。
「補欠でも何でもよいから強くなりたい」とまでは考えないのです。


ま、当たっているとしたら、先生にしろその親にしろ、そういった幼稚な人間だということです。

関わりあわないことが一番なのですが、それは質問者様にもお子様にも都合や譲れないものもあるかと思います。


まぁ、難しい問題なので、私でもちょっと考える時間ともっと詳しい情報が必要ですね。

あくまで「主観」として、一つの学校の例…でしか言えないことです。


でも、「こういっていた人がいました。」と先に主張しておくのも手ですね。
担任、校長、部活の先生を交えて…

「予言(予測したことをあらかじめ提示する)」とは、相手の行動をある程度縛れます。
「釘をさす」という表現が適切かな?

  • fit********さん

    2017/11/917:06:32

    あ、一つ忠告なのですが、「越境者」の上の学年の親が「いじめ」を行っていましたので、そこは注意されてください。
    自分の子供のために逆効果となります。

    あくまで戦うなら「正攻法」「論理的」に行うのが子供のためです。

    「感情的」になりますといじめに発展しやすいケースです。
    いくら大人でも、本文に書きました「不平感」は否めないのですから…

    「堂々と」以外の感情は自制することですね。

    余計な心配かもしれませんが、参考までに…

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kyu********さん

2017/11/1521:03:38

「越境通学してくる子の中に、とても強い子がいるので、私の子は試合に出られなくなる可能性があります。」

上記からも、この質問の真意は「妬みや嫉み」に在られるのでしょう。
※気を悪くしないでね。

本来、学区は人口移動的な偏りを是正させるためのものですが、今では少子化に伴い統廃合、または条件の差異などから、学区そのものの目的が果たせない訳ですから、詳細は判りかねますが、誘う側や誘われる側の理由如何によっては「よくある」とまでは言えませんが、うちの地域ではちょくちょく見聞きしますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる