ここから本文です

The news ( ) he killed himself cannot be true という文があり 選択問題で答えが...

chi********さん

2017/11/1200:53:48

The news ( ) he killed himself cannot be true という文があり 選択問題で答えが(that)でした。説明文には接続詞と書いてあったのですが、the news の後に接続詞が来ることにとても違和感を覚えます。どなた

かわかりやすく説明してくださいお願いしまし。

閲覧数:
35
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/11/1201:15:32

接続詞です。同格のthatです。彼が自殺した「という」知らせ。同格のthatは、「という」という訳を必ずいれます。関係代名詞ではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/11/12 01:25:06

ありがとうございます!助かりました!
今までずっと聞き流したところなので聞けてよかったです!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

air********さん

編集あり2017/11/1201:14:51

~長文だけど逃げずに読むんだ!!~


【同格のthat】←この言葉暗記して。

はい、暗記しましたか??
もう1度。『同格のthat』です。

では『同格のthat』とは何なのか
説明しますね。

例えば
「彼が座ったイスは青色です」
と英語にしたいとします。
この文の主語はなんですか?
彼?イス?違いますね。
『彼が座ったイス』なんです。
いや主語長スギィィィ!!!!

今まで見てきた簡単な英文は主語が
「私」とか「アナタ」とか「あのイス」
とか短かったから
「I」とか「You」とか「That chair」
と主語がすぐ書けたと思います。

でも!
「彼が座ったイス」って、、
「He sat Chair、、?」あれれ?
主語が文チックで長いとムズイ!

と思ったアナタ(´・ω・)σ
そうなんです。
『主語が長いとき』に
同格のthatは使うんですね。

では使い方。
まず主語を
大事な部分とオマケとで切ります。
今回の場合は
『彼が座ったイス』ですが
結局言いたいことは『イス』なので
大事な部分を『イス』
オマケを『彼が座った』となる。

では次に、
先に大事な部分だけを買いちゃいます。
「The chair 」
次に【同格のthat】を付けます。
「the chair that 」
最後にオマケを付けたら完成。
「The chair that he sat 」

↑同格のthatを使って
長い主語を書けましたね!

後は述語を普通に加えて
「The chair that he sat is blue. 」
(彼が座ったイスは青色です。)


これでアナタの悩みも解説できたはずです。
長文になってごめんなさい!
意味不なとこあったら言ってくださいね!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる