ここから本文です

カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)の小説の語り手は誰ですか。

アバター

ID非公開さん

2017/11/1219:40:13

カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)の小説の語り手は誰ですか。

補足13年後のアリョーシャでしょうか。

閲覧数:
157
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/11/1312:41:06

私はドストエフスキーだと思います。
ここでいうドストエフスキーは作家本人のことでなく、
アリョーシャが書き残したと思われる記録や裁判記録や当時の
事件を知る伝聞を聞いた語り手を想定したものということです。
そうしないと語り手の「分裂」や「混乱」は説明できません。
もしアリョーシャだとするとイヴァンと幽霊の対話などはあんなに
臨場感あるものに書けなかったわけですから、もちろん本人から
聞いたということがあるかも知れませんが、やはり作家が第三者の
記録者を想定して書いたと考える方がしっくりくると思います。

ふつう語りが混乱すると作品が面白くなかったり、読みにくいのですが
それを感じさせないのは作家の力量なんでしょうか。
あくまで、私の感想ですが。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/1400:02:17

    著者より で著者が「私自身混乱している」と述べているので、語り手の分裂、混乱はあってもよいのではないでしょうか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shivugakiさん

2017/11/1306:17:25

分裂していますよね。例えばホフラコーワ夫人の独白に入っていく場面では、人ではないはずです。
でも裁判の場面では「わたし」と書かれていますので、神視点、一市民、ドストエフスキーなど、場面ごとに変わっていて特定できないように思います。
13年後のアリョーシャという説は面白いですね。部分的には当てはまるかもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/11/1219:42:22

たなかだとおもいます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。