ここから本文です

回答受付終了まであと5日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

自動車やバイクの交通事故で、目撃者がいない事故で最も『過失割合を出す』のに難...

eringihaiyさん

2017/11/1510:24:59

自動車やバイクの交通事故で、目撃者がいない事故で最も『過失割合を出す』のに難しい交通事故は

自動車とバイクとの「幅寄せ」が原因のようなパターンの事故ではないでしょうか?

それ以上に自動車やバイクの交通事故で過失割合が出しにくい事故ってありますか?

閲覧数:
34
回答数:
3

違反報告

回答投稿

全角1文字以上で回答を入力してください。

※質問が「投票受付中」「解決済み」になると、回答を取り消すことはできません。
※一度に投稿できるURLは3つ以内です。(プレミアム会員・知恵袋アプリは除く)

エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度お試しください。

あと全角4000文字

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sibasatukiさん

2017/11/1515:23:21

事故の当事者双方の主張が食い違い
ドラレコの画像や第三者の目撃証言など
証拠が無いケースは全部
>>過失割合が出しにくい事故<<
です

例えば信号の色やウインカーの有無などが
良く食い違う要素かと思います

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/1512:06:10

>過失割合が出しにくい事故ってありますか?

普通にたくさんあります。すんなりと決まるものであれば苦労しません。

ux_z2_bさん

2017/11/1512:03:12

交通事故の過失割合は、当事者の説明する状況が一致していれば、どんな形態の事故でも、あまり難しいものはありません。
現場の優先関係を基に、どちらの注意義務が大きいかを検討するだけです。
「幅寄せ」の事故なら、幅寄せに見合った過失割合を出すことは難しくありません。

一番過失割合を出しにくいのは、事故状況の事実が見えない事故です。
双方の説明が一致している事故の場合、その説明する状況が事実とは少し違う場合もあるけど、それは大した問題ではありません。
自己保身の為に嘘をつく人も当然のようにいますが、その殆どは嘘の判断ができるので問題はありません。
しかし、本当に分からないものが稀にあります。
その一つは、当事者双方が死亡して、車両がとんでもない場所・状態で停止しているような事故。
これは、車両の損傷状況と現場に残る痕跡から、想像力を働かせて事故に至る経緯を探るしかありません。
もう一つは、アカデミー賞もののウソ。
本当に分からない場合、「事実が不明の為に過失割合が判定できない」とするか、「事実が特定できない以上、どちらか一方が不利に扱われることはない」とするかのどちらかでしょうね。

裁判上では、信号無視の事故の場合に多いけど、「事実が判断できないので請求棄却」という結果になるか、「5:5」になることはよくあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。