ここから本文です

プリンを作りたいのですが、オーブンで湯煎するときに、レシピなどでは、湯煎のお...

minato302_666さん

2017/11/1712:13:07

プリンを作りたいのですが、オーブンで湯煎するときに、レシピなどでは、湯煎のお湯の位置が型の中のプリン液まであるのが好ましいと書いてありましたが、うちのオーブンの天板はけっこう浅めで、

プリン液までお湯の位置が届きそうにありません。
そこで、考えたのが、天板の上にホーロー容器を置き、ホーロー容器に湯を入れその中にプリン液の入った型を置き、天板には湯を入れないといった方法ですが、これでもうまくいけますかね??天板に湯をはり、ホーロー容器を置き、その中にも湯を入れたほうがいいでしょうか??
アドバイスお願いいたします。
(色々試行錯誤すればいいのでしょうが、何度も作る気力がなく、アドバイスいただけると助かります)

閲覧数:
40
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/2108:28:17

プリンのオーブンでの湯煎焼きの場合、上下の温度差を減らし、温度分布を均一にして上がりすぎないようにすることがコツです。なので、「パッドのお湯の水面が型の中のプリン液まで」なくてもかまいません。たとえば、パッドに1cm弱のお湯(沸騰手前 80度程度のもの)を張るだけでもよいです。

大切なのは、この場合、そのままだと上から火が入り過ぎ、プリンに「す」が入ることがあります。これに対策をします。
たとえば、プリンのカップをアルミ箔で覆い、さらに乾いたふきんをかぶせて、さらにアルミ箔をかるく被せて、カップの上部に空気層を置くと、上部からの温度上昇がずっと緩やかになります。下側も、パッドとプリン容器が直接接触していると温度ムラの原因となるので、ちょっとシワを入れたキッチンペーパーを間にいれてからお湯を張ると温度が均一になります。(蒸し器で鍋から浮かせるのと同様。)このように、温度の均一性、上下からの火の入り方のバランスをとることと仕上がりがきれいになります。

コツとしては、オーブンを150度程度まで予熱しておくこと、パッドに張るのは水ではなくお湯にすること、慣れるまでは多少「火が入りすぎた」段階にして、次回以降、少しづつ時間を縮めるようにすると、失敗が少なくなると思います。

お菓子の場合、肉料理のように中心温度計で仕上がり具合をチェックできないので、最初のうちは、そろそろかな、というあたり(30分くらい)から、5分おきくらいにプリン容器を揺らしてみて、ちょっと固めかな、というあたりまで火を入れてみてください。実際に食べてみて硬すぎたら、次回は少し柔らかめになるよう、時間を抑えてみます。ただし、生焼けのプリンは食べにくいし、美味しくないので、注意してください。


ホーロー鍋にお湯を張ったオーブン湯煎焼き法は、経験がなく、よくわかりません。これは上下の温度差は軽減されるでしょうが、オーブンの温度管理より、鍋の大きさとお湯の温度・量による火の入り方の影響の方がずっと大きくなると思います。お菓子の場合、仕上がりの再現性を高めることが重要なので、お湯の量と温度をしっかり管理・記録して、仕上がり具合をチェックするとよいかもしれません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。