ここから本文です

賃貸不動産経営管理士の勉強中です。

アバター

ID非公開さん

2017/11/1813:48:06

賃貸不動産経営管理士の勉強中です。

問題で、賃貸借契約と使用貸借契約との異動に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。という問題で、

答えが、貸主が死亡した場合、使用貸借契約は終了するが、賃貸借契約は終了しない。

となっていますが、使用貸借は当然終了するとは思います、賃貸借契約も貸主、が死んでも相続人が引き継ぎますし、これは正しいと思うのですが、、
どなたか教えて頂けませんか?

明日試験なのでできるだけ急ぎで教えて頂けたらと思いますm(._.)m宜しくお願いします。

閲覧数:
84
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/11/1815:08:13

「貸主が死亡した場合」には使用貸借契約は終了しません。条文には「借主」の場合に終了するとされています。

理由は、借主側の法的安定を図るためと言われています。借りてすぐに貸主が死んだから出ていけでは困ることことですか。

(借主の死亡による使用貸借の終了)
第599条 使用貸借は、借主の死亡によって、その効力を失う。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/1816:27:31

    ありがとうございます!理解できました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zak********さん

2017/11/1815:05:13

『貸主』の死亡では差異はない

『借主』が死亡した場合、使用貸借契約は終了するが、賃貸借契約は終了しない。だけ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる