ここから本文です

電気窯で初めてサヤを使って還元焼成にチャレンジしようと思っています。 いろ...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2121:45:31

電気窯で初めてサヤを使って還元焼成にチャレンジしようと思っています。

いろいろ検索した結果、炭のみを使う予定です、もみがらや藁は使わないことにしました。

しかし焼きはまったくといっていい素人でわからないことだらけでして・・・。

作品とサヤの底の間に何か敷きますか?
登り窯や穴窯で焼成したものは高台に目跡がついていますが、そういうものを用いますか?
またそのために用いられる粘土はどんな種類の粘土ですか?
貝殻やそこらへんの石ころで代用できませんか?

備前焼のように無釉で焼けますか?(作品は鉄分のやや多めの粘土を使用しています)
灰釉ならありますので、電気窯とサヤでの弱還元(になりますか?)なら施釉したほうがいいでしょうか。

温度は粘土の説明では1200℃~1230℃となっていますが、高めに設定してサヤ内の温度を上げるようにしますか?

たくさんの質問内容で恐縮ですが、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/2218:01:05

目立ては耐火度が高い土を用います。普段使っている土で目立てを作るときはアルミナを練り込みます。
また粘土の代わりに貝殻は使えますが、貝殻の中に土を入れて目立てにします。なおそこら辺の石ではNGです。石の中には釉薬のように融けてしまうものがあるからです。
なお目立てをするかしないかはどちらでもいいです。薪窯ではないので。

釉薬の件ですが、使っている粘土が焼き締まるならば無釉でもいいですし、焼き締まらなくてもいい作品であれば無釉でも構いません。
釉薬を用いるかどうかは作者の好みや考え次第だと思います。
なお水漏れ防止や汚れ防止の目的で食器や花器などの内側に釉薬を施すことも一つのやり方です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/2220:20:16

    詳しい回答ありがとうございます。
    とても勉強になりました。


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。