ここから本文です

平成31年4月30日に今上陛下が御譲位をされ、翌5月1日に皇太子殿下が御即位をなされ...

rui********さん

2017/11/2318:26:42

平成31年4月30日に今上陛下が御譲位をされ、翌5月1日に皇太子殿下が御即位をなされる、という予定だそうですが、

今上陛下は「上皇」、皇后陛下は「上皇后」という名称になります。しかし、歴史を見ると、後鳥羽上皇など、上皇と使われますがこれは略称で正式には「太上天皇(だいじょうてんのう)」です。
しかし、これから略称が正式名称となります。皆さんはこれについてどうお考えですか?

閲覧数:
99
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pej********さん

編集あり2017/11/2402:31:52

太上天皇と天皇において、太上天皇は、「天皇」の文言が含まれているから別々の天皇が並び立つ、天皇より上位と受け取られる可能性があると言いながら、上皇后と皇后では経緯は違えど、その観点から矛盾した関係の称号になっています。

また、「上皇」や「上皇后」だと、敬意を表す「太」の文字が省かれてしまいます。先々代、先代の皇后の称号である太皇太后や皇太后に「太」が含まれているのはそういう理由があるからです。
皇太后より上位の称号である「太皇太后」は、皇太后より更に敬意を払うため「太」の文字が2つ付いているのです。

さらに、上皇が崩御したら上皇后は皇太后の称号に変わるのか否か、上皇后の存命中に皇位継承があったら、太皇太后に代わる地位・称号を新たにつくるのかという点が詰められていません。今回の典範特例法は、欠陥法です。

ゆえに、私は、退位(譲位)後の天皇、皇后の称号及び敬称は、

太上天皇皇太后両陛下

もしくは、

太上皇皇太后両陛下

(太上皇:「上皇」とは別に太上天皇の略称として使われた)
にすべきです。

質問した人からのコメント

2017/11/24 06:55:38

ありがとうございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる