ここから本文です

刑事裁判と民事裁判について、よく刑事で無罪だったのが民事でひっくり返る話を聞...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2420:36:41

刑事裁判と民事裁判について、よく刑事で無罪だったのが民事でひっくり返る話を聞きますが、これっておかしくないですかね・・・。

例えばこの事件、
伊藤詩織さん明かす“レイプ告白”の反響「女性からの非難も…」(女性自身) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00010006-jisin-soc... @YahooNewsTopics

刑事で不起訴(無罪)になったのを民事で訴えようとしてますが、いい加減そういうのも一事不再理扱いにして訴えるのを禁止にすべきだと思います。
なぜ同じ事件で2度も裁判受けなきゃならないのか意味が分かりません。
こんなの絶対おかしいですよね?

補足現行では一事不再理は刑法だけですが、それを民法にも拡大して、刑事で無罪(不起訴含む)になったものは民事で訴えられないようにすることについて皆さんは賛成ですか?反対ですか?ということです。
個人的には刑法で疑わしきは被告人の利益にで無罪になったものが、民事で悪魔の証明を求められてひっくり返るなんておかしいだろと思うのです。

閲覧数:
180
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tur********さん

2017/11/2506:26:18

本質的部分に誤解があるようですね。

当事者は

刑事:
検察vs被疑者

民事:
被害者vs被疑者

です。

争点は

刑事:
国がその権力を用いて
罰するべき罪を被疑者が犯したか

民事:
被疑者(被告)は被害者に損害を与えたか

で「再理」にはなりません。

補足での提案には
当然反対です。
(検察のミスで被害者に救済の機会がなくなる)

ちなみに不起訴では
無罪は確定しません。

ちなみに
>悪魔の証明
とは何ですか?

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/2710:32:00

    >悪魔の証明
    とは何ですか?

    刑事ではやったことの積極証明責任が検察にあるのに対して、民事ではその性質上やってないことを積極的に証明しなければならない悪魔の証明ではないですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a13********さん

2017/11/2821:20:38

三権分立と言うけど、内閣と司法が組んだら人に非ずの行いが簡単にできるんですな。

アメリカと日本の官僚が相談していろいろ決めてるようだけど、こんな事例は国内だけでは解決できないし、2権が組んだ場合抑止力がないので、なんらかの抑止力が必要だと思いますな。

ulu********さん

2017/11/2715:08:54

刑事と民事は全く違う法体系だからです。逆もあり、刑事で有罪でも民事で認定されないことも当たり前にあります。
刑事は社会秩序の為(被害者の為ではなく)お仕置をする裁判、民事は被害者の権利保全の裁判です。

刑事の構成要件=不法行為では有りません。

アバター

ID非公開さん

2017/11/2506:52:02

刑法で不起訴=無罪
ここは違います。実際犯罪を犯しても初犯だったり、
悪意がない場合不起訴もあります。

国家や警察、検察の処罰は社会的に徹底的な打撃を与えます。
そこで被疑者の犯罪が反社会的でないと判断した場合、警察は不起訴にします。

民法と刑法の違いは皆さんの説明でとても勉強になりました。

伊藤詩織さんの件ですが、準強姦、強姦罪は親告罪なので、
実際強姦があったと仮定しても、捜査機関は単独での起訴、逮捕が出来ません。

そこで親告罪は通常示談を勧められるのですが、
今回、互いにマスコミの人間なので、示談より民事訴訟の方が、
注目されると、計算しての民事訴訟でしょうね。
実際本も売ってますから。

haz********さん

2017/11/2500:07:49

刑事裁判の場合には、

「無罪推定」や「疑わしきは被告人の利益に」、有罪かもしれないが無罪かもしれない、という結論になった場合には、有罪の証明に失敗したものとして無罪になります。

そして、証明の程度としては、被告人が罪を犯したということが「合理的な疑いをさしはさむ余地のない程度」にまで極めて厳格に証明されなければなりません。

それに対して、民事裁判では、

原告被告双方が、自分の主張を戦わせ、原則として自分に有利な事実については、自分が証明する必要があります。
そして証明の程度については、どちらがいっていることが真実らしいかを、「高度の蓋然性」が認められる程度まで証明できればよいとされており、これは刑事裁判におけるものより低い証明の程度であると理解されています。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

fre********さん

2017/11/2422:56:11

>>なぜ同じ事件で2度も裁判受けなきゃならないのか意味が分かりません。
こんなの絶対おかしいですよね?

あんたの頭がおかしいんじゃあないですか・・・?

刑事は検察官が全立証責任を負って、被告人に刑罰を求めるってことですから・・・

対して民事は、市民の権利義務関係を明確に法律判断に委ねようってことですから・・・

逆にいえば、犯罪被害者が加害者の被告人に民事で損害賠償を請求するってこともあるわけだからさ・・・

なので、例えば刑事で犯罪事実が認められず無罪となっても民事で犯罪事実があったことを認定し、加害者に賠償命令がけ下るってことはまあ、ありますから・・・

なので、民事と刑事の役割を糞も味噌も一緒にしたようなアンチはナンセンスです・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる