ここから本文です

平成26年に最高裁で離婚裁判で勝訴しました。相手側(夫)の弁護士が時効まで支...

tik********さん

2017/11/2421:24:20

平成26年に最高裁で離婚裁判で勝訴しました。相手側(夫)の弁護士が時効まで支払わなくてよいと助言しており、慰謝料・養育費を支払ってくれません。もう時効でしょうか?どうすれば支払ってもらえるでしょうか?

閲覧数:
84
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao********さん

2017/11/2709:48:33

時効は迎えていません。
執行回収するしかないでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

pot********さん

2017/11/2708:08:43

つまんねー作り話。

詰めの甘い作り話だなwww

o0a********さん

2017/11/2612:07:11

平成26年に最高裁で離婚裁判で勝訴しました。
貴女の思い通りに離婚が出来た。

相手側(夫)の弁護士が時効まで支払わなくてよいと助言しており、慰謝料・養育費を支払ってくれません。
判決で決まったことをしなくて良いと弁護士が助言?
元旦那さんのウソですね。

養育費は平成16年の改正で、給料の半分まで生涯分を差し押さえ出来る様になりました。
1回の未払いでお手軽に出来る様になった。

そもそも新人でも出来る離婚裁判、数年前の案件。
もうその弁護士と連絡なんて取っていない。
養育費は遡って請求できる。

養育費の取り決めは出来てるでしょ。

>>もう時効でしょうか?どうすれば支払ってもらえるでしょうか?

強制執行しかないでしょうよ・・・

銀行口座とか、給料の差押とか・・・

ちなみに、金銭給付判決の効力は確定してから10年で時効です・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる