「単位時間あたり」は「一秒間あたり」と同じ意味じゃないのですか?

「単位時間あたり」は「一秒間あたり」と同じ意味じゃないのですか? いろいろ調べてはいるのですが、参考書の解答解説に『おもりは単位時間(1秒間)に~』とも書かれていたりして、正確な意味が分かりません。 赤本の物理でその言葉が出てきて、困ってます。 物理の生き字引、詳しい方、 誰か教えてください。

物理学161閲覧

ベストアンサー

0

「一秒間あたり」は 必ず1秒。 「単位時間あたり」は 0.1秒かもしれないし、1秒かもしれないし、1分かもしれないし、1時間かもしれないし・・・ たとえばこちらの質問で、画像のなかに「0.1秒間に進んだ距離」と書いてあります。 つまり 「 0.1秒あたりに進んだ距離」ですね。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13182505023 自動車などの速度を表す「時速**km」は1時間あたりに進む距離を単位[km]で言ったものです。

その他の回答(3件)

0

納得したのなら早目にBA決めたほうがいいのではないでしょうか。 わりと恥ずかしい感じの質問になっていますよ。