ここから本文です

図の曲線ア〜エのうちから (a)健常者のインスリン濃度の変化、(b) 糖尿患者者のグ...

nic********さん

2017/12/323:05:24

図の曲線ア〜エのうちから (a)健常者のインスリン濃度の変化、(b) 糖尿患者者のグルコース濃度の変化を、それぞれ選べ。

という問題なのですが開設お願いします

グルコース濃度,健常者,インスリン濃度,糖尿患者者,インスリン,変化,糖尿病患者

閲覧数:
11
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2017/12/607:39:07

まず物質XとYを見分けます。
食事前の分泌量が少ないのが「インスリン(=物質X)」です。
インスリンは血糖値を下げるはたらきなので
健常者であっても食事前には分泌されません。
ア:食事後に分泌量が増加した=健常者のインスリン
イ:食事後も分泌されず=糖尿病患者のインスリン

図Ⅱを考えます。
物質Y=血液中のグルコースなので
糖尿病患者は常に濃度が高くなります。
ウ:糖尿病患者のグルコース濃度
エ:健常者のグルコース濃度

と判断できます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる