ここから本文です

<NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断

yam********さん

2017/12/615:27:00

<NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断

NHKの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、制度を「合憲」とする初判断を示した。国民が公平に財源を負担してNHKを支える制度の合理性を司法が認めた形となる。今後の公共放送のあり方を巡る議論や、約900万世帯に上る未契約者からの受信料徴収にも影響を与えそうだ。

今回の裁判は2006年にテレビを設置した後、「偏った放送内容に不満がある」と受信契約を拒んでいた東京都内の60代男性を相手取り、NHKが契約締結や未払い分の支払いを求めて11年に提訴。NHKはこれまで未契約者に対する同種訴訟を約300件起こしているが、最高裁が判決を出すのは今回が初めて。

放送法64条は、テレビなどの放送受信設備を設置した世帯や事業所は「NHKと受信契約をしなければいけない」と規定する。この規定を巡り、男性側は「罰則はなく、努力義務に過ぎない。契約を強制する規定だとすれば憲法に違反する」と主張。NHK側は「放送法が定める『豊かで良い放送』をするために受信料制度は不可欠で、合理性や必要性がある」などと反論していた。

1、2審は、契約は義務と認めた上で受信料制度は「公共の福祉に適合し必要性が認められる」と合憲判断。男性に未払い分約20万円の支払いを命じた。双方の上告を受け、最高裁は昨年11月、15人の裁判官全員で憲法判断や重要な争点の判断を行う大法廷に審理を回付していた。【伊藤直孝】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000058-mai-soci

スマホやカーナビ、インターネット等があるので、実質的にNHKの受信料はほぼ絶対に払わないといけないという認識で良いのでしょうか?

閲覧数:
1,821
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ho9********さん

2017/12/1118:13:34

放送法64条は違憲です
実質、金銭賦課処分ですから。
要は『課税処分』

❎一方的に強制して金銭徴収するのは?
『契約』ではありません。
⭕️処分 (公権力の行使)
といいます。
但し、課税処分にしては、個別具体的な内容を詳細に規定していないので『条文自体が無効』でしょう。

最高裁は、『放送法64条、違憲ですよ』憲法81条で与えられた『違憲立法審査権』に基づき、64条の無効を宣言します。国会は速やかに①スクランブルによる自由契約か?②処分による強制賦課+NHKの国営放送化を立法しなさい。
▪️その上で、超法規的措置で今までの分は有効とします、と正直に言ってしまえば良かったのです。

❎設置時に遡って債務(支払い義務)発生!と無理したのが墓穴を掘ったと思います。
▲せめて判決後に債務(支払い義務)発生なら?ギリギリグレーで
違憲判決の汚名を着ずにすんだでしょうにね。

●日本憲政史上最悪の恥ずかしい判決 が
世界中に晒されてしまいましたね。
残念なことです。


【追伸1】
なぜ?NHKが『課税』でなく『契約』に拘るか?
考えてみましょう。

⭕️課税なら『使途を厳しく追及』されます。
❎契約で受信料→利権の温床 に出来るわけです。

美味しい想いをしてるのは?一に内閣、二にNHK社員。

そういうことでしょうね。
東京ドームの10倍の?施工費で建てた新社屋の
異常な価格~自ずと推理出来るでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「合憲」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roc********さん

2017/12/1014:35:16

ネットニュースではこの判決について「契約しないなどと支払いを拒否することはこの判例によりできなくなった」なんて解説していて、ミスリードが横行しているようにも思える。
そんなニュース解説では国民が間違った理解をしてしまうだろう。
契約を拒否することができないのであって、契約が成立しているかどうか別問題なんだ。
正しくは、「これからは国民は契約が成立しているかどうかを争うことになる」ということだ。
つまり「契約が成立している状態じゃないと主張することはできる」ってこと。
だから、「契約が成立する状態ではないと思うし、認めることはできねえからカネは払わねえ」と言っていい。
逆に言えば、「NHKと契約するかどうかについて国民に選択の意志はない」という判決だったんだな。

そもそも、今回の裁判はどんな裁判だったか。NHKの受信料徴収についての法規定が憲法違反であるかどうかが争われたものだ。
「契約の強制性が受忍限度を越えて違憲である」とか、「契約の自由を侵害する」とか、そんなものだった。
それについて、今回の判決は「この法の規定は立法裁量の範囲内であるから憲法に照らしても許される」としている。
そこに「表現の自由を担保するためにこの放送法が規定された」とかゴチャゴチャと書いてあっちゃたりするのは、むしろ最高裁からのNHKに対する痛烈な皮肉にすら感じるんだけれども(笑)。
分かりやすく言うと、「法律は憲法違反ではない。国会が目的があって決めたんだし、その目的に照らせば憲法に違反するほど過剰なものではない」というものだ。
もちろん、それは「契約の自由を侵害する」から基本的人権を侵害して違憲だという訴えに対しての判断だ。
細かく言えば「契約の自由を侵害してない」と言ってるわけじゃない。「(これこれで必要なんだから)契約の自由を侵害すると言えるほどではない」って判断だ。


さて、その判決の中身をというと、NHKが求めていた「法律がこうやってあんだからテレビを持っている奴には自動的に金を払わせ、差し押さえさせることを認めて欲しい」というトンデモ主張は却下されている。
つまり、テレビを設置したとしても、それで契約が成立したかはわかんねえつうこと。
個別の事情をそれぞれに争う必要があるだろうということになった。
俺は契約なんか成立してねえと思うと言えるし、成立してるかどうかを争うことはできるということになった。
そりゃそうだ。
暫定的な設置に過ぎなかったり、テレビが壊れているとか、リモコンが壊れていてNHKあたりがどうしても選局できないとか。
パソコンのモニタに使っているだけだとか、色々と主張できることはある。
他にもいくらでも考えられるだろう。
ホテルのコイン式テレビならどうか。溜まったコインの分にはNHK契約の分が含まれているが、テレビを見ない宿泊客すべてに負担させるという理屈はねえ。
なんだ、この議論は前からあったのと同じじゃねえか(笑)。


「契約が成立している」とされればその支払いは拒否はできないとされたが、それにはいちいちNHKが裁判して判決を得ろという。
それだって考えてみりゃ当たり前のことだ。それぞれ個別の事情があるだろう。なんで法律をタテに一括で大雑把に徴収しちまえると言えるのか。
もちろん、NHKが訴えるにはそれなりのカネがかかる。
だから嘘つきのNHKはムリを承知でこねくりまわしている。
まるでこの判決でお墨付きを得たように誇張しているだろ。「判決によりNHK受信料の正しさが証明されました」なーんて(笑)。
それでビビった連中が契約して支払うことを狙ってやるわけだ。
しかしこの判決は違う。
NHKに、いちいち裁判にして確定したら請求しなさいと命じているんだ。
だから今、本当に困ってるのはNHKだろう。
いちいち裁判にしたら赤字だし、そもそもそういう訴訟の乱発をもしやるとしたら国民的にも問題となる。
つまり、放送法を改正した方がいいという国民議論になるだろうしそうなれば議員が必ず動くってことだ。
議員の椅子が欲しいのは必ずNHKに介入してくるだろうよ。(笑) ああ、とてもいいことだ。
密室でやっていたNHKのヘンテコな世論操作とか、悪意ある世論誘導とかが白日の下に晒されるんだ。
そうなったらどうなる。
NHKはそれだけの値打ちのある放送をしているのか、強制的な契約が認められているが、それだけ報道は公平なのか公正なのか。
その中身を異議ないぐらい監督するチェックシステムがあるか、それこそBPOじゃ足りないということになる。ありゃ業界団体の馴れ合いだかんね。
もうNHK様としては震え上がっちゃうだろうね。(笑)
もし今回の判決が不服だってんで、NHKから国会に放送法の改正を要求したとしたら、それこそヤブヘビものだ。(笑)


ともかく国民としては、これから契約が成立していないか、しているかを争えばいいってことになったわけだ。
例えばリモコンのNHKのボタンが壊れているものを格安で買ったという事情があるから契約は成立してないとか。別荘でそこには人が住んでいないのだから契約の当事者がいないとか。
あるいは、NHKが放送されている時間帯には必ず留守なのだから契約の当事者性が薄いとか。
なんでも主張したらいい。(笑)
いや、こっちが別にNHKに訴える必要はないんだ。
弁護士も高けえぞ。
NHKから訴えてきて、契約が成立しているかが判断されれば払えばいいって話しになった。
いつにまで遡って受信料を払わねばならないかもそこで言われるだけのことだ。
もちろん、それはテレビを設置してからのことだよ。少なくとも百年前に遡ってなんてことはない。安心しよう。

mah********さん

2017/12/620:13:23

そうですね。
払わないといけないということですね。

NHKがやっていることを民放ではできないという証明をしてほしいと思います。
裁判というのは法律にのっとって判決が出るのは仕方がないですが、自民党も少しは国民のために働いてほしいですね。

cot********さん

2017/12/620:08:34

インターネットは大丈夫だと思いますが、スマホやカーナビはかなり危ないと思います。
蛇の様に執念深く、蜘蛛の様に広く色々なところから取れる様に目論んでいますので…
とりあえず、テレビを外からは分からない場所に移動して、テレビが無い体を装うしかないかも…
あとは、もし契約をさせられてしまったら、解約をしてしまう事でしょうか…

でも相当に納得のできない判決でしたね。
NHKの何処に公共性がある? まるっきり国営放送ではないか?
受信料の徴収の態度にも大いに不満があります。
「皆で支える放送ですので、ご協力願えませんか?」と低姿勢で来ればまだ良いのに、「法律で決められている」とか、払うのが当然の様に居丈高にやって来ますからね。
それに、NHKの職員のあまりに高い給料。不祥事を起こしても、民間ならあり得ない寛大な処分。
まずはそういうところから直しやがれ!と思いますね。
NHK料金を支払うくらいなら、テレビを売り払ってやろうかとも思っています。

今回最高裁からこうした判例が出てしまったのは、かなり大きいです。
そして、やはりボンボン育ちの裁判官の認識は、国民の常識とはかけ離れているんだなぁ…と感じました。
次の国民審査では、何としても全員にバツをつけてやろうと思っていますが、まだ先ですねぇ…
まずは放送法を変える運動でも起こした方が良いかも知れませんね。

ham********さん

2017/12/617:16:25

インターネットは関係ないですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yuj********さん

2017/12/616:12:40

マジでNHK見ることできない。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる