ここから本文です

この状況は障害者差別と言えますか? 障害者のある子は、延長保育が認められな...

koi********さん

2017/12/701:49:12

この状況は障害者差別と言えますか?

障害者のある子は、延長保育が認められないという状況です。

昨日
ヤフトピで、堺市のダウン症のお子さんが食事を喉に詰まらせて亡くなった事故のコ

メントを見て、世間の障害者に対する誤解があるのか、私の考えがずれているのか、わからなくなりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000056-mbsnews-l27

私の息子は障害があります。3年育休を取り、2歳児として年度途中で保育園に預けて働くつもりです。共働きで、夫婦とも時短勤務は実質的にはできません。
私の住んでいる市では、公立保育園の入園基準に
1歳児ー安定して1人ですわることができ、食事が自立している
2歳児ー1歳の基準+1人で歩ける
というものがあります。
本人の安全とより良い発達のために、上記を満たすことができない子どもは、保育園には行けず、療育園に通うことになります。
療育園は送迎や、預かってもらう時間が短いために、常勤で働くことはできません。
また、上記の入園基準を満たしていても、発達に遅れがある、障害があると判断された子どもは、延長保育ができません。
入園基準があるのは子どもの発達のことを考えると、理解できるような気がしますが、補助の先生を付けて障害のある子どもも保育が受けれるようにして欲しいとも思います。
障害者差別かな?と思うのは、障害のある子や発達に遅れがある子は、延長保育ができないというところです。
障害のある子の基準はあいまいで、身体障害者手帳や療育手帳をもっている子、走れない子、知的障害がある子はそこに含まれるそうですが、
同じように手がかかると思われる、重度の食物アレルギーがある子、診断を受けていない多動の子、医療的ケアのない重度の心疾患の子は、延長保育お断りには含まれないそうです。
人手が足りないから延長保育の人数を減らしたいなら、平等に元気な子にも延長保育を断ってほしいと思います。延長希望の人数が多くて対応できないなら、障害のある子から首を切るのではなく、抽選にしてほしいです。

この状況の延長保育お断りは、障害者の差別だと思いますか?思いませんか?

閲覧数:
497
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

編集あり2017/12/813:32:49

保育園って定型発達、健常児の為の施設です。
障害児のサポートなんて出来ません。
障害特有の不測の事態があった時に対処する、そんな機能はないんです。
そんな部分をカバーする保育園が加入する保険がそもそもないと思いますよ。法に則して考えただけでもそんな保険商品かなり有り得ないです。
延長保育まで預けてたら障害克服の為の訓練や療育をいつ受けるんです?
延長保育まで依頼出来てしまったら訓練や療育もその子は受けるチャンスがないって事になります。
子どもがダウン症やらなんらかの障害児なら親は仕事を辞めてでも療育に尽くすべきです。
自分達の仕事も生活も変わりなくとか障害を持った我が子の事何にも考えてないですよね。
最初から療育放棄するなら保育園に入れてる意味だってないですよ。社会に適応するさせようって意思がないんだから。
そういう事言うなら、保育士頼みじゃなく養護教諭と看護師頼みにならないとスジが通らない。
養護教諭と看護師ではなく専門でもなんでもない保育園で保育士にみてもらいたいとか、
わけがわからない親ですね。
親が障害のある子から逃げない様にそういう決まりの中でやっているってのもあるんですよ。

  • 質問者

    koi********さん

    2017/12/903:25:59

    starstitchesmoreさんが言われることはわかります。だから市は保育園への入園基準を設けていて、その基準を満たさない子は療育を受ける、基準を満たしていても発達に心配がある子は保育に行きながら日にちを決めて療育に通うというシステムになっています。
    ここで差別か?と思っているのは、その子の発達が基準を満たし受け入れると決めたのに、人手の関係で延長は無理と発達に遅れがある子だけにいうことについてです。
    障害のある子に、療育の施設、保育園、定型発達とそれ以外の子どもの統合教育を行なっている施設、またそれぞれの併用、在宅で訪問教育を受けるなど、色々選択肢があるといいなと思っています。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2017/12/1121:29:56

あなたがいう狭義の差別ではないですが、区別すると意味に受け取ってはいかがですか。
また、親の教育方針により、他人の子と成長の遅れが見受けられる子どもを持つ親の中には、最低限、人並みが出来るようにと厳しく育てる方もいますが?

bai********さん

2017/12/1111:39:48

加配がないなら仕方ないね!

健常者と障害者は一緒にはできません!

差別はされて当然なのです!

障害者は自動車税も免除、施設利用も駐車スペースも無料と差別されてるじゃないですか!

それを差別するなというなら医療費もちゃんと払え!

税金も払え!

差別されて当たり前なのですよ!

国が差別してるのですから!健常者と同じ扱いされたいなら同じ納税しないとダメ

iru********さん

編集あり2017/12/712:18:01

ある意味でいう障害者差別だと思います。

「人手が足りないから延長保育の人数を減らしたいなら、平等に元気な子にも延長保育を断ってほしいと思います。延長希望の人数が多くて対応できないなら、障害のある子から首を切るのではなく、抽選にしてほしいです。」
→その通りだと思います。
弱者から切るのはおかしい。

保育士不足や、保育士の労働環境によっての事だとは理解はできますが、

まず弱者を切ることが当然と思っている社会がおかしい。
全て平等にするのは難しいですが、
障害だって個性です。
区別するのもおかしい。

特別な対応が必要な子どもにはその対応をする。
それは健常の子どもであっても、障害を持った子どもであっても必要です。

障害者だから、とか、
区別しすぎです。
子育てが大変で、お金が必要なのは、みんな一緒。
行政がサポートせずに誰がするんだ、です。

「何があっても園側に責任を問わないという書類を提出すれば
もしかしたら受けていれてもらえるかもしれませんが。」
という回答がありましたが、
この考えにびっくりです。
これぞ差別的考えです。

健常者で、そんな書類書く人いますか?
なぜ、障害者だったらそんな書類書かなきゃならないんでしょうか?
あり得ないです?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kam********さん

2017/12/710:10:08

こまかいことは考えないが、いわんとすることはだいたいわかる。
経済的な合理性で切り捨てられるのは、弱者。

貴殿の話は差別だよ。でも、一般には、なかなか理解されない。
困難さを知っているのは、ごくわずかな当事者と関係者だけ。理解できるはずがない。
対応できない現実が、なかなか変えられない。
現実が変えられないから、さらに理解されない。

僕は、引用された事件に似ている2件の障害者の裁判の支援運動に関わっている。
これらとは別に、貴殿の話と同じような状況での、「保育園は人員増強で対応したが不十分で死亡」となった事件・裁判も知っている。

また新たに3件目がある。先日、地方自治体との対決に備えて、支援運動の打合せに出たが、正直に言って、わけがわからんかった。
障害をもった人には支援・援助をすることが法律で決められている。しかし、「障害をもった→障害が認められる→障害に支援・援助がされる」という流れが、実際には数年越し、10年越しになったりするそうで。その間は援助なしで耐えるしかないという。そんなことはじめて知ったわ。
僕は、あっちこっちに飛ぶ話の論点をまとめました。我ながら綺麗に問題点を整理できたと思った。しかし、それでも、ピンとこないものがあった。そのことを率直に伝えると、実は弁護士でさえ、問題を理解するのにかなりの時間がかかったとのこと。
そんなの、一般の人にわかれというほうが無理。

たとえば、難病指定になると補助がいろいろ出る。しかし、実際には難病でも指定扱いにされない。医学的論拠という建前を使って予算を絞っているからでしょう。
障害者自立支援法にはいろいろと問題があるらしいが、それでも、かなりの前進であって、平成になってやっと「障害者元年」といわれるような状況にある。

なんとかして変えてゆかないといけないでしょう。
当事者が声をあげてゆかないと、世の中は変えられない。
貴殿が考える理想の形を、貴殿自身が実現してゆくしかない。
残念ながら、誰もやってくれない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ito********さん

2017/12/709:56:37

障害者手帳が何故所持できるのかを考えられてみては
如何でしょうか。
幼児期の場合は成人とは違い常に傍に介助できる大人が必要なのです。
保育時間内では配置される介助員には自治体の補助金が出ますが
延長保育に関しては保育時間外となりますので補助金は出ませんから
介助員を雇うことはしないでしょう。
なお、介助員には障害に関する専門知識を期待されないほうが良いです。

介助員を配置されていても園で対応不可と判断されれば
退園を勧められます。
療育園をすすめられたのなら療育園に通わせたほうが良いですよ。
専門知識があり適切な配慮と支援が受けられます。

他の方も書かれていますが
療育園に預けながら働いている方も増えています。

延長保育を断られるのは差別ではなく区別だと思います。
何があっても園側に責任を問わないという書類を提出すれば
もしかしたら受けていれてもらえるかもしれませんが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる