ここから本文です

会計超初心者です。助けてください! 以下の取引について、不公正な事由をご教示...

kai********さん

2017/12/808:29:35

会計超初心者です。助けてください!
以下の取引について、不公正な事由をご教示ください。

・弊社(小売店)の従業員が、弊社の商品を、社内の懇親会で使用する景品として、福利厚生の従業員割引制度を利用して割引価

格(売価の2割引)で、現金にて立て替え購入
・弊社の領収証を宛名を弊社にして切る
・当該従業員はそれを経費として請求

このようなことがダメなことは管理部門からも周知されており、このような場合のために社内消費カードというものがあります。
それを使用して原価で経費計上するのがルールということも周知されてるはずなのですが。
意外と平然とこれをやってしまう従業員が多いのも事実です。
悪気なくやってしまった従業員に、素人の私がなんとなく説明しても納得してもらえないこともあり困惑しています。
説明する際、納得させるだけの専門的知識が当方に欠けています。
何がどう問題なのか、ご教示いただきたくお願いいたします。

閲覧数:
47
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2017/12/823:33:16

簡単には、従業員割引制度の趣旨に反するからでしょうね。


従業員割引制度は一般に、使用者対労働者、雇用者対被用者の関係にあるときの、個人としての(会社組織とは別個の存在としての)労働者・被用者の福利厚生のために設けられています。福利厚生のため、一部を会社等が負担し、残額を労働者・被用者自身が負担する仕組みです。

社内懇親会は、個人としての労働者・被用者の福利厚生のためではなく、会社組織に属する人たちの福利厚生のために開催されるものです。そのため、一般的な従業員割引制度の趣旨に合いません。まして、会社に残額を費用負担させるのは、制度趣旨に反します。

管理部門から駄目だしされるということは、ご質問者さんのお勤め先も、従業員割引制度は一般的な趣旨で設けられているのだと思います。そうでしたら、社内懇親会向けの購入は、してはならないことになります。


従業員割引制度を定める規程があり、そこに明記されていればいいのでしょうけど、説明に苦労なさっているということは、たぶん無いのでしょう。

「会社に請求したら、ただの経費で、従業員の福利厚生になりませんからねぇ」くらいの説明で押し通して大丈夫と思います。それで納得しなければ、上司に・社長に聞いてくれなどと言ってしまってもいいと思います。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/12/9 01:32:18

懇切丁寧なご説明ありがとうございます。
たいへんよくわかりました。
正直、福利厚生の趣旨を主眼として説明するということを考えたこともありませんでした。
目の前の霧が一気に晴れた気がします。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t22********さん

2017/12/816:41:42

自社の販売商品を従業員に値引きして販売する場合、販売価格が仕入価格以上で、かつ、他への販売価格の70%未満でないことという規定が有りますが、質問の場合はこれとは会計的に違う方法の様です。
商品だけ会社から貰い社内懇親会の景品する事は良い、つまり、仕入れを福利厚生費に振替えるだけで良いのです。仕入金額の一部が、売上原価ではなく福利厚生費という費用になるだけでの処理をすれば良いのです。従業員が立替えて購入する必要はないのです。用度伝票という方法が普通用いられるのです。

yor********さん

2017/12/809:12:04

給与課税 現物給与

(課税しない経済的利益……商品、製品等の値引販売)

36-23 使用者が役員又は使用人に対し自己の取り扱う商品、製品等(有価証券及び食事を除く。)の値引販売をすることにより供与する経済的利益で、次の要件のいずれにも該当する値引販売により供与するものについては、課税しなくて差し支えない。(昭51直所3-1、直法6-1、直資3-1改正)

(1) 値引販売に係る価額が、使用者の取得価額以上であり、かつ、通常他に販売する価額に比し著しく低い価額(通常他に販売する価額のおおむね70%未満)でないこと。

(2) 値引率が、役員若しくは使用人の全部につき一律に、又はこれらの者の地位、勤続年数等に応じて全体として合理的なバランスが保たれる範囲内の格差を設けて定められていること。

(3) 値引販売をする商品等の数量は、一般の消費者が自己の家事のために通常消費すると認められる程度のものであること。

(3)に違反するので給与課税で源泉所得税の発生

まずはこれじゃね?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる