ここから本文です

「気圧が低いとだるくなる。無気力になる」と聞きますが、どうしてですか?

アバター

ID非公開さん

2017/12/808:49:56

「気圧が低いとだるくなる。無気力になる」と聞きますが、どうしてですか?

閲覧数:
42
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/12/812:40:20

気圧が低くなると、高い山に登った時と同じように、空気が薄くなります。空気が薄くなるので、酸素が薄くなります。そのため、酸素欠乏で、頭の脳に酸素が充分に供給されず、酸欠で、頭が痛くなったり、だるくなったりします。脳に充分な酸素が供給されていないと、頭がボーとして、無気力になります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/1420:37:53

    私の知っている知識(高山病)と繋げてくれたので、とても分かりやすかったです。ですので、ベストアンサーを差し上げます。ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kamojjoさん

2017/12/917:39:12

ここにもストーカー魔で何回も使ったコピー回答の奴が来ているな。
人によって違いが大きいが、気圧が低くなるとそれが色んな所の神経に影響するのじゃないかな。

kamo4031は気象、天気カテでの連続7500個自演中の怪しいやつです。
注意してください。
負け犬が棺桶から出てきて泣いています。
このような知恵袋の重大犯罪人が、それを隠して回答してくるのが不思議です。
此奴の過去の回答を覗いてみてください、この連続自演には呆れるばかりです。
この回答も悪質なストーカー行為です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/12/912:33:39

気象病というのは、かなり沢山あります。

無気力になるとかといった不定愁訴や、持病が悪化したり痛んだり。

気圧の変動、湿度、日照時間といった様々な気象要因が引き金になる。

低気圧については、気圧の感覚器(確か、内耳のあたり)の信号が、脳内の何らかの事情で混乱して、自律神経系や情動系に影響を与えるのではないかと言われていると思った。

kamo4031さん

2017/12/911:31:34

気圧が低くなると、体内の「血管」がいくらか膨張します。
脳内の毛細血管が膨張すると、周囲の脳神経を圧迫するので
頭が痛くなったり、だるくなったりするんです。これは
片頭痛と同じメカニズムです。

また、低気圧の接近によって曇りや雨となって
日射が減ります。太陽光を浴びることによって
人間の体内では「セロトニン」が分泌されるのですが
この物質は「幸せホルモン」とも呼ばれていて
人間が幸福を感じることに強い影響を与えるものなので
日射が減るとこの物質が減り、気力が減ってしまうわけです。

tracer_mt_09さん

2017/12/812:04:21

減圧環境下においては運動神経伝導速度が有意に低下する、

という報告が成されておるのぅ。

↓ご参考になればよろしいんじゃが。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/41/1/41_1_174/...

2017/12/808:51:09

分かりません。心が疲れているのでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。