ここから本文です

seineuxです。本物です。huuzoku122ではありません。

しーなさん

2017/12/1001:54:05

seineuxです。本物です。huuzoku122ではありません。

(なぜいちいちこんな事いわなきゃいけないんだ…)

巷では落語は「古典」と「新作」に分けられ、ある説によると「明治以前は古典、大正以降は新作」ともいうそうですが、なかなかその線引きは難しいものです。

まあ新作の定義はさておき、近年の新作は「その噺家が0から作った」ものが多く、たとえば江戸時代のように当時から存在していた笑話本のネタを落語に練り直すとか、あるいは円朝がもともとはグリム童話の一部だったものから「死神」を作るとか、そういう事例が少ないように感じます。

志の輔は清水義範本人から「自分の作品はいつでも落語にしていい」とお墨付きをもらっているので、まさに最強のコンビといえますが、他にもそのような「小説屋の作品を落語屋が落語にする」試みが、もっと増えてもよいと思うのです。

たとえば星新一のショートショートの中にも、落語に練り直したらおもしろいと思えるものが少なからずあります。
星本人は「自分の作品をいじるのは自分が死んでからやってくれ」と発言したそうですが、他界してしまえばこっちの、あ、いや、それより彼の場合は「どの作品の著作権をどこが管理しているか」を調べるほうが大変そうですが…

みなさんの中で「この人のこの作品は、落語に練り直したらおもしろそうだ」と思うものがありましたら、「誰々の何々」の形で教えていただきたく存じます。

私としては、筒井康隆「おれに関する噂」「熊の木本線」を、談笑あたりで聴きたいものです。
ただでさえシュールな話を、どこまで「落語として」シュールな噺にできるかが楽しみです。

補足また捕捉をこれに使わねばならんとは…

あのね、あんたのいう「それなりの理由」ってのが、事実とまったく異なる嘘でたらめ捏造であることは、とっくに証明してあるの。
立脚点がでたらめなんだからあんたのやってることは完全なる私怨、逆恨みにすぎないの。
落語カテゴリのみなさんにも、コピペした回答者さんにも、相変わらず詫びのひとつも入れずに同じ事の繰り返しでは、誰もついてこないよ。

それから、落語は笑点程度しか知らないのに、いかにもわかっているかのように他人の文章をコピペして「改心しました、まともな回答者です」ヅラも通用しないよ。

いいかげんに自分の非を認めることはできんのかね。
あ、元共産党員には、無理か。

閲覧数:
275
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2017/12/1011:34:36

落語にしたら面白そうな作品。

清水義範さんは、中高生の頃からラジオで落語を聞いていた、と本人のエッセイで読んだことがあります。それもあって、小説に落語との親和性があるのかと。
星新一さんは、『星寄席』というCDを図書館で借りて聞きました。志ん朝さんや小三治さんが星さんのショートショートを落語でやっています。

回答です。
小説だと、万城目学さんでしょうか。『鹿男あおによし』とか。登場人物が少しずつ変わっています。


私、マンガの方が得意分野なので。
いがらしみきおさんの『ぼのぼの』や、山科けいすけさんの『C級サラリーマン講座』、西原理恵子さんの『ぼくんち』は、良さそうです。キャラクターが個性的でしっかりしていて。
川原泉さんの学園連作ものも聞いてみたいところです。キャラクターがすっとぼけていて。
安田弘之さんの『寿司ガール』は一応ファンタジーですが、変で良いです。
とり・みきさん、はるき悦巳さんのマンガは、定番のキャラクターを使って、新作が作れそうです。

青年志マンガ旧作では、『五月原課長のユウウツ』というマンガの登場人物が、喬太郎さんの新作に出てくる俗っぽいオヤジみたいで好きです。

(ご紹介の『くうねるまるた』、読んでおります。)

  • 質問者

    しーなさん

    2017/12/1017:04:09

    鹿男あをによし、ですか。「1作目でホルモンと間違えられたので2作目はまともな題名をつけよう、と思っていたらまたやってしまった」やつですね。
    少し長いですが、演者の構成力と表現力によってはおもしろいかもしれません。

    私は漫画は手塚治虫全集400巻を始め古いものは詳しい反面最近のはとんと無沙汰でして、個別のコメントは簡単にとどめますが、「ぼのぼの」の「お父さんは遊んでくれたのにぼくは気がつかなかった」が(絶対に落語にはできませんが)大好きです。

    以前、日テレがきくち正太「おせん」をめちゃくちゃなドラマにしてしまい、きくち自身「もう漫画家を辞めようと思った」と語っています。
    原作者が存命であるなら、志の輔レベルなら丸投げした方がよいとして、よほど原作者と噺家の細かい擦り合わせが必要でしょう。

    そこまで作品に惚れ込み、かつ熱意のある噺家が増えてほしいものです。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/12/13 11:13:24

一部の狼藉者を除き、多くのご回答に感謝します。

私の読んでいない、あるいは詳しくない作品を挙げられた人も多く、自分の無知を棚上げして背伸びした質問だったな、と反省しきりです。

小説、映画を想定した質問に「そうか、日本には漫画があったんだ」と再認識させていただいた回答にBAを。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2017/12/1215:32:30

平岩弓枝の時代小説(御宿かわせみ等)は古典落語に通じる世界観があるような気がしていて、短編各回、滑稽・人情問わず寄席サイズに練り直せそうです。ただ予想を超えるような化学反応は期待薄かもしれません。

マンガだと、西岸良平の「鎌倉ものがたり」です。近く映画化されるようですが、あんまり観る気にはならなくて、南なんあたりの落語で聴いてみたいです。

映画は、「ブルース・ブラザース」なんてどうでしょうか。ジョン・ランディス。一之輔ですかねぇ。雲助も案外はまるかもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yar********さん

2017/12/1109:43:21

>みなさんの中で「この人のこの作品は、落語に練り直したらおもしろそうだ」と思うものがありましたら、「誰々の何々」の形で教えていただきたく存じます。

チャップリンの「キッド」なんかは志らくあたりがシネマ落語にしてくれたら面白そうなのにと思います(もうしてましたっけ?)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

しーなさん

2017/12/1109:41:51

私の荒っぽい返信を「脅し」と受け取ったのはオマエの勝手だ。


(★★しかし問題はここからである!!!)

seineuxはその後、私に不完全ながら一応の謝罪投稿を出した。
なんだかんだ言いながら、オマエは己の押し付け回答に
一応、謝罪したのだよ。
もっとも私はその謝罪投稿を見て不満だったが、
とにもかくにもseineuxが謝罪したのだからと
謝罪を受け入れた。
しかしseineuxはいったん謝罪をしたと見せかけて、
すぐに私を罵倒する書き込みをしたのです!!
私は「本当に和睦する気があるのか?」と問うと、
「そんな気はない」という趣旨の返答をした。

●まさに騙された思いである!!

●seineuxは本当の大ウソツキである!!

seineuxにとって
「もし酒(アルコール)が無ければ
人類はどうなっているのか?」という私の質問は気に入らなかったのだろう。
だったら私の質問なんぞ無視すればよかったのだ!!

同様に私のキツイ言葉で不快に感じたのだろう。
だったらseineuxもさっさと回答を消去して、
私に二度と絡まなければいいのだよ。
seineuxの変な意地が事態を悪化させたのです。

私がseineuxに憤りを感じ、攻撃しているのは
それなりの理由があるということです。



(蛇足)

「もし酒(アルコール)が無ければ
人類はどうなっているのか?」という私の質問に
seineuxは可能性があるかもしれないから仮定するのであって、
絶対にありえないことを仮定する意味は皆無だという。
しかし仮定の質問で、
そんな「決まり」は聞いたことがない。
「もし豊臣秀吉が現代に生きていたら」という仮定の質問も
絶対にありえないことなのでそういう質問も無意味だ
となるのでしょうか?
いずれにせよ、seineuxにとっては
個人的にそういう仮定の質問は気に食わないのだろうが、
だったらそういう質問を無視すればいいだけのことで、
質問は無意味だ、とかイチャモンつける権利はないと思います。


seineuxは「可能性があるかもしれないから」仮定するのであって、
絶対にありえないことを仮定する意味は皆無だといっています。
しかし仮定の質問で、
そんな「決まり」は聞いたことがない。
「もし豊臣秀吉が現代に生きていたら」という仮定の質問も
絶対にありえないことなのでそういう質問も無意味だ
となるのでしょうか?
いずれにせよ、seineuxにとっては
個人的にそういう仮定の質問は気に食わないのだろうが、
だったらそういう質問を無視すればいいだけのことで、
質問は無意味だ、とかイチャモンつける権利はないと思います。

ちなみにseineuxは元大学教員とのことです

mae********さん

2017/12/1108:11:54

筒井康隆もいいですが、小松左京の「日本沈没」もいいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

n12********さん

2017/12/1011:33:25

泉鏡花の「義血侠血」は、新劇では「滝の白糸」として上演されています。浪曲でもあったように思いますが落語にはなってないと思います。話の展開も面白いですし、スピード感を持った落語になると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる