ここから本文です

ギターシールドは引き算のみということは

アバター

ID非公開さん

2017/12/1516:10:25

ギターシールドは引き算のみということは

ギターシールドって引き算のみですよね。シールドってのは抵抗なわけでもともとのギターの電気信号を100としたらシールドを通すことで80や90に引き算されるわけですよね。
で、シールドによって高域を劣化しやすくすれば中低域が豊かと言えるシールドに。
中低音を劣化しやすくすれば高域が伸びると言えるシールドになるわけですよね?

ただ、今の技術だと劣化をかなり抑えることは可能だと思います。
本来100の電気信号をそのまま100出せるとしたらそれはそれで音がイマイチなんでしょうか??

閲覧数:
113
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sag********さん

2017/12/1608:16:03

まず原則として、100のものを100のまま伝達するには、超電導が必要です。
現在の技術では、常温での超電導は確立されていませんので、電気信号の伝達にはどうしてもロスが発生するものと考えていいと思います。

劣化の影響も少なからずありますが・・・部品の持つ固有の抵抗値(真空管等のパーツでは内部抵抗と呼ばれます)によって、立ち上がりの特性が変化することのほうが、聴感上での変化は大きいように感じます。
内部抵抗が下がれば立ち上がりが早くなり、高域、アタックが強調されます。内部抵抗が上がれば、その逆になります。

本来の使い方ではないのですが、、ギターアンプの回路に使われる、12AX7を12AT7に差し替えると、わかりやすいです。
一般的に、12AX7よりも12AT7のほうが、内部抵抗が小さいです。
入力側で替えると、ゲインが変わってしまうことによる影響も少なくないですが、、終段のほう(フェイズインバーター)のものを差し替えると、この違いがわかりやすく出ますよ。
(繰り返し、、本来の使い方ではないので、回路の設計によっては長期間使用すると、アンプに負担がかかる場合があります。試される場合はご注意ください。)


劣化についてですが・・・たとえば、Beldenの1812という線材があります。
ギター等のハイインピーダンス信号を通すには、静電容量が大きく高域がロスしがちです。こちらのケーブルを使うと「中低域が豊か」というよりも「高域が削れてもっさりした」ような感じに聴こえるかと思います。
楽器の信号、特に高域が減衰してしまう、いい例と思います。


ギターの音についてですが、ピックアップで拾った段階のものを忠実に増幅してしまうと、解像度が高すぎて問題になる場合があります。
経験談ですが、、性能のいい増幅器を使うと「楽器の出音」として認識されていた音が「弦の音」と「ボディー鳴りの音」、2つにハッキリ分かれて聴こえてしまいます。勿論、そういった高解像なセッティングでは、プレイのアラもかなり目立ちます。

原音を忠実に増幅するオーディオアンプと違い、ギターアンプは増幅と減衰を必要以上に繰り返し、解像度を落としてあるものがほとんどです。
100のものを100のまま出したとしたら、それ以上になりますから・・・決して弾きやすいセッティングではないですし、音がイマイチに感じるかもしれませんね。



こんなところで回答になったでしょうか?
わからない点等ありましたら、お気軽に返信お願いします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dic********さん

2017/12/1523:53:38

そそそそそそ、そゆことそゆこと

「低音が出る」てのは実は「低音以外が減衰してる」んです

で、100通せたら、のハナシですけど
「好みによる」でしょうね

例えばトーン回路ね?
トーンのツマミをフルにしてあってもトーン回路がブラさがってるだけでいくらかハイは落ちてる
トーン回路をなくせばハイのロスはゼロです
でも果たしてそのほうが良い音なのか?

ツマミをフルにするとコンデンサへの道を遮断しハイのロスをゼロに出来、かつトーンを効かせることも出来る「フルアップポット」てのがあります
じゃあフルアップにしたほうが絶対にいいんじゃないのか?

ンなモン好みのハナシです
必ずしもハイ落ちしていない音のほうが良い、ってことはないんです

ケーブルに関してもこれと一緒だと思います
いろんな好みがあるからいろんな特性のケーブルが存在する
そういうことかと

lak********さん

2017/12/1521:24:40

まずエレキギターの音って何?ということをしっかり考えるべきと思います。
電気部分だけを取ってもコイル(ピックアップ)、内部配線、ボリュームなどを通ってジャック。

で、音が出るか?というとまだ音が出る段階まで行かない。
そこからシールドケーブルを通ってアンプに入力されて音になる。

その時シールドケーブルは抵抗体です、と考えてしまうから劣化とかの考えになりますが、アンプまで含めた一体物と捕らえてひとつの音を出すと考えると何%劣化するとかの考え方はあまり合理的でなく思えて来る。

例えばジャックの直近に最短で(ギター内部配線に対して無視できるような長さ)高精細のADコンバーターを置いてワイヤレスでやはり高精細のDAコンバーターで受けるとそこはかなり直接的な信号が拾えると思いますが、そこまでで音は判断しないですよね。
アンプに入力してどうアレンジしていくかで音が決まって行きます。
そこに劣化がどうこうという考えを差し挟む余地があるのかどうか。

dor********さん

2017/12/1518:46:26

無線通信用のケーブルを使えば音声信号の帯域なんてほとんどロスしませんよ。

ただギターの出力がハイインピーダンスで低出力なことが原因でケーブルの影響を受けるだけ。高音域ほど影響を受けてロスが大きくなります。ケーブルの持つ静電容量とか電気抵抗ってやつですね。
ただし2~3メートルではほとんどわかりません。数10メートルとかそれ以上だと分かるかも。

だから低音域が出るケーブルって要は高音域のロスが大きいだけじゃないかと。中低音を減衰させるというのはフィルター回路でも入れないと難しいので。たしかにケーブルも静電容量と電気抵抗を考えればそれ自体フィルターでもあり得るかも。

アクティブ化すればそれらの影響を受けにくくなるので手っ取り早いんですけどね。

アクティブ化すると、たしかになんか味気ない感じの音にはなりますね。劣化も音のうちなんでしょうか?
永遠の課題ですね。

kkk********さん

2017/12/1517:12:49

あくまでしろうとの憶測ですが、どうやっても全部の帯域で劣化してると思うんですよ。

例えば高域に寄せたとしてもソレはブーストされるわけではなく、単に特性として高域の劣化が少ないか、あえて中低域を殺して高域を目立たせてるというだけではないでしょうかねー(´ー`)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる