ここから本文です

名前に使う漢字について。戸籍抄本の「抄」の字を「さ」と読ませている名前を見た...

kob********さん

2017/12/1717:23:48

名前に使う漢字について。戸籍抄本の「抄」の字を「さ」と読ませている名前を見たことがあります。おそらく「紗」や「沙」などの代用かと思われますが、実際にはどのような理由や意味で使われて

いるのでしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/12/1717:38:48

書物の一部を抜き出して書いたり、難しい語句などを抜き出して注釈(語句や文章の意味をわかりやすく解説すること)をつけることを「抄書(しょうしょ)」と言ったりします。また、その一部の文章を翻訳することを「抄訳(しょうやく)」と言います。
また、紙を漉くことを「抄紙(しょうし)」と言います。

「さ」と読むのは、部首の手偏を消して、旁の「少」を「さ」と読むので、音符読みですね。

質問した人からのコメント

2017/12/18 08:03:56

回答どうもありがとうございます。
漢字の音符読みというのは、初めて知りました。この「抄」のうちの「少」を「さ」と読ませる、というのも初耳です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる