ここから本文です

こんばんは皆さん、 日本語を勉強しています外国人です。日本語を分かるには問...

tan********さん

2017/12/2601:50:47

こんばんは皆さん、

日本語を勉強しています外国人です。日本語を分かるには問題ありません。漢字は今勉強中なので、パソコンのプラグインで漢字をひらがなに変換します。



日本人は皆俺にやさしくしてくれますが、そ

れが問題です(笑)。

なぜなら、
俺の気持ちを傷つきたくないから、文法のミスとか指摘してくれません。

時々、日本語で何かを説明すると、もし相手がそれをわからなかったら、ただ無視して、他の話をします。
もちろん、悪気があるわけじゃないとは分かっています
でもなぜ分からなかったか、やっぱり知りたい。

だから、0から文法を説明する本を探しています。外国人用じゃなくて、日本で書いてある本を探しています。例えば、小学校向け。

こんな長いメッセージを読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>

PS
日本に行きました事がありませんから、これ以上学ぶのは無理があるかもしれない。皆さんどう思う?

閲覧数:
98
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fem********さん

2017/12/2913:29:20

(あなたのメールアドレスをいつまでもここに残したくないので、私の回答と返信を削除した後、あらためて整理した内容を書き込みました)
fem9049 2017/12/26 02:20:34
確かに相手を委縮させるのは良くないと考える人が多いですよね。
あなたの場合、書物による勉強の限界に直面していると思います。
自画自賛になりそうですが、私のように間違っている理由をつけて細かく直してくれる人を見つけて、その人とチャットなどをすると上達できると思います。私自身、外国人の日本語学習者と出会ったばかりの頃は「こんなに厳しく指摘していいのか」とびくびくしていましたが、厳しくすればするほど喜んでもらえます。
そこで、あなたの質問文を添削することにします。
1.日本語を勉強しています外国人です
正しい日本語ですが、文の途中ではあまり「ます」を使いません。(言いたい内容が正しく伝わるから、こんなことはめったに指摘しません)
「日本語を勉強している外国人です」が、よく使われています。
2.俺の気持ちを傷つきたくないから → 俺の気持ちを「傷つけ」たくないから
「傷つける」の適切な活用形を間違えています。
3.日本に行きました事がありませんから
これも正しい日本語ですが、文の途中なのであまり「ます」を使いません。
「日本に行った事がありませんから」をよく使います。


質問者 tangi3san 2017/12/26 02:51:19
ご返事ありがとうございます。fem9049さんのメッセージを読んだだけで色んな言葉を学びました。
色々指摘してくれてありがとうございます!

とっくに1.は
「ます」と「不定詞」を同じ文に使って良いのかな、ずっと悩んでいました。外国向けの本には説明されていませんので。
でも、本を読むには漢字不足しております。。

2.「傷つき」と「傷つけ」にはどのような違いを?

訂正してくれてありがとうございます!!

厳しく訂正してくれる人は中々見つかりません。前は国語の教師と連絡を取っていましたが、連絡先を失いました。

まったく関係していない質問ですが、「づ」と「ず」の発音は違っていますか?

また質問押し付けてごすみません<(_ _)>


fem9049 2017/12/2603:06:05
また添削します。
1.とっくに1.は → 「とくに」1.は
「とっくに」と「とくに」は似ている言葉ですが、全く意味が違う言葉です。
2.また質問押し付けて → また質問「を」押し付けて
助詞はできるだけ省略しないのがいいとされています。
3.ごすみません → すみません
「すみません」には「ご」をつけません。(これに関連して、次の返信で接頭語「お」と「ご」の使い分けを説明します)
では、質問に回答します。
・「傷つき」と「傷つけ」は、連用形と連体形の違いです。同じ動詞でも、後続の言葉によって適切な活用変化をさせなければならないのは、基本中の基本です。
・「づ」と「ず」は、発音上の違いはありません。

接頭語の「御(お、ご)」の使い分け
「御(お、ご)」の使い方については、専門家の間でも意見が分かれるところだそうです。
私の研究によれば、敬語表現にするために「御(お、ご)」を使えるのは、一般的には次の場合だと考えると良さそうです(ただし前後関係などによって、例外も多いのが問題です)。
1.相手の身体や身体の一部
「お身体」「お顔」など
2.相手や自分の行為
「お送りする」「お電話いただきまして」「ご存知の」など
3.相手の親族や知人など
「お母さん」「お子様」「お知り合い」「お友達」など
4.飲食物
「お酒」「お茶」「お料理」など
☆「ご」は漢語(音読み)に、「お」は和語(訓読み)に付けて、尊敬の意を示します。
ただし例外もあり、漢語でも日常的によく使うものには「お」を付けたり
和語でもかしこまった文脈では「ご」を付けたりします。
このように「お」「ご」の使い方には、はっきりしていない部分があります。
http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097046980.html

<質問>
あなたはどこの国の人ですか。


質問者 tangi3san 2017/12/2603:53:26
「訂正」は話す場合に使って、「添削」は書く時でよろしでしょうか?

1.おお、これは言われないと気づきもしませんミスですね!

3.ごめんなさい、そこ単なるな打鍵ミスでした<(_ _)>

なるほど、「傷つき」は「傷つきながら」になる分けですね!
このような文法的な説明をする本のお勧めありませんか?

「お、ご」の使い分けはメモにしました!
この点は外国人がよく戸惑うポイントです。
自分もよく間違うから使うのは避けていました。
でもやっぱり日本に住みたいには敬語を習得せねばならないと思います。
日本語の基本だいたいアニメや漫画で覚えましたから、文法は本より耳で習得しました。
そのせいかもしれない、文法の使い方が不安定である事。
でも頑張ります!fem9049さんの説明のお陰で疑問が少し晴れました。

フランス人です。Maconと言う町の出身(パリーやLyonに近い)。
13歳の時からずっと日本に行きたいと思って、今は25さいになってまだ行く機会はなかった。
でも次のクリスマスで行けそうなので、「日本語の勉強」もっと頑張りましょうと思って
YAHOOに来ました。

どれだけ助かるのか、言葉にはできません。
ありがとうございます


fem9049 2017/12/26 15:34:56
私も打鍵ミスをしていましたので、訂正します。
「とっくに」と「とくに」は似ている言葉ですが
まず、質問にお答えします。
・「訂正」と「添削」は、いずれも話す場合にも書く場合にも使います。そもそも両者は意味が異なる言葉です。
・文法書については、詳しくありません。下記のサイトを使うのはどうでしょうか。
http://www.hello-school.net/harojapa000top.htm
学習が進むと、古典文法の知識も必要になると思いますので、それについてもご紹介します。
http://www.hello-school.net/haroajapa000top.htm

次に、今回の返信を添削します。
1.書く時でよろしでしょうか → 書く時で「よろしい」でしょうか?
「い」が必要です。
2.そこ単なる「な」打鍵ミスでした → そこ「は」「単なる」打鍵ミスでした
助詞は省略しない方がいいとされています。
「単なるな」は「単なる」です。
3.このような文法的な説明をする本のお勧めありませんか → このような文法的な説明を「している」本のお勧め「は」ありませんか
「説明をする」は、これから説明を始める意味です。本の中に説明が書いてあるので「説明している」が適切です。
助詞「は」を省略しないようにしてください。
4.使い分けはメモにしました → 使い分けはメモしました
メモにしました:(音声などではなく)メモの形式にした
メモしました :メモをとった メモとして記録した
5.やっぱり日本に住みたいには → やっぱり日本に住みたいからには やっぱり日本に住みたいと思うのであれば など
6.どれだけ助かるのか、言葉にはできません;これからどんなに助かるであろうか、言葉にはできません
どれだけ助かったか、言葉にはできません:既にどんなに助かったことか、言葉にはできません
7.「ありがとう」などの使い分け
相手が自分のためにしてくれる行為が終わったとき、または一段落ついた場合は「ありがとうございました」
これから自分のための行為をしてくれるとき、またはまだ続いている場合は「ありがとうございます」
*関連して、もう少し説明します。
「わかりました」などの使い分け
わかりました:知らなかったことを相手に説明されて理解できた場合に使う
わかります:一般的に既に理解できていることを相手が言ったので、それに同調する場合に使う
わかっています:既に理解しています
「ありがとう」などの使い分け
相手が自分のためにしてくれる行為が終わったとき、または一段落ついた場合は「ありがとうございました」
これから自分のための行為をしてくれるとき、またはまだ続いている場合は「ありがとうございます」
*私は素人ですが、もしメールアドレスをお知らせくだされば、今後もこのような指導をしてあげることができます。


質問者 tangi3sanさん 2017/12/28 03:30:57
便利なアドレスを教えてくれてありがとうございました。
(ここでは過去形ですね^^)

「ありがとう」と「分かりました」の使い分け、あれはフランス語で本やネットにはありません。
やはり、独学には限界と言うものがありますね。。
説明や訂正をしてくれて、またありがとうございました!

ただ、「訂正」と「添削」がどの辺異なりますかよく分かりませんでした。

もちろんメールを教えて良いです^^。Femさんにご迷惑にならなければまたご指導をお願いしたい。


fem9049さん 2017/12/28 18:51:45
あなたのメールアドレスを保存しました。私からのメールが届いたら、悪用されることを防ぐためにあなたのメールアドレスを書いた「返信」を削除してください。
「訂正」は間違いを直すことですが、「添削」はもっといいものにするという意味も含まれるため、間違いとは言えない部分を書き直す場合もあります。


質問者 tangi3sanさん 2017/12/29 07:12:32
残念ながら、削除ボタンが見つかりません。
本来メッセージで送るつもりでしたが、プライベートメッセージと言うオプションが見つからなかったので、そちに送信しまいました。

なるほど、「添削」とは文をもっと相応しい物に書き直す事ですね。

  • fem********さん

    2017/12/2914:15:23

    1.プライベートメッセージと言うオプション → プライベートメッセージと「いう」オプション
     漢字で「言う」と書くのは、主に発言・言明の場合です。
    2.そちに送信しまいました → こっちに送信してしまいました  こっちに送信しました
     「そち」は「そっち」または「そちら」のことだと思いますが、それでも意味が違うので不適切です。「こっち」または「こちら」とするべきですよ。
     さらに言うならば、ここへのメッセージは「送信」ではなく「書き込む」などの言葉を使うべきです。
    知恵袋にはプライベートメッセージの機能がなく、このような「返信」に「書き込む」しかありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ink********さん

2017/12/2915:01:37

>俺の気持ちを傷つきたくないから、文法のミスとか指摘してくれません。

たしかにそういう人が多いですね。日本人は特にそういう人が多いかもしれませんが、他の国の人でもそういう人はいるんじゃないでしょうか。質問者さんの母語がわかりませんが、もし、質問者さんの母語を話す外国人に出会ったら、少しくらい間違えていても会話を続けるんじゃありませんか?いちいち全部を「それ違うよ」と言っていたら会話が進まないという時もあると思います。

私は、私が教えている学生達には、「日本人の友達や、アルバイト先の人などに、『間違えたら教えてください』とお願いしてください」と言っています。質問者さんも、あらかじめ、それをお願いしておいた方がいいと思います。間違いを指摘しない日本人は、それが失礼だと思っているから指摘しません。でも、自分はもっと日本語が上手になりたい、間違った日本語を使いたくない、間違っていたら間違っていると言ってくれた方がありがたいし、それが本当の親切だということを、よく話してわかってもらう必要があります。

>だから、0から文法を説明する本を探しています。外国人用じゃなくて、日本で書いてある本を探しています。例えば、小学校向け。

日本語を外国語として学ぶ外国人と、日本語を母語として習得する日本人とでは、必要な本が違います。私も小学生の子供がいて、いろんな教材を見ますが、外国人向けのものとは全く違います。かなり日本語が上手な外国人でも、小学校1年生の国語の教科書は難しいと思いますよ。日本の小学生向けの本は、日本語がわかっている人が使うものです。日本語の文法を学びたい人には向いていません。

今までどうやって日本語を学んだのでしょう?「やさしくしてくれます」「指摘してくれません」などの、初級後半の文型は使いこなしているのに、「勉強しています外国人です」「行きましたことがありません」などの初級文型の間違いがあります。全体は「です・ます」で書いているのに、「知りたい」「あるかもしれない」「どう思う?」など、急に「です・ます」がなくなるなどの初歩的な間違いもあります。本当に0から文法を学びたいのなら、外国人向けの初級の教科書をはじめから徹底的にやった方がいいと思います。日本人のために書かれた本を使うのは、その後です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる