ここから本文です

初デートでさっそくアソコを触ってきました。 彼の魂胆は分かっていたので 鉄の...

mon********さん

2017/12/3006:11:16

初デートでさっそくアソコを触ってきました。
彼の魂胆は分かっていたので
鉄のパンツをはいていました。
頑丈な鉄なので彼は鉄しか触れません。
どや顔でいたら、彼は「あのさ、空気読みなよ。

」と
あきれ顔でデートは中止になりました。
私がいけないのでしょうか?

閲覧数: 70,293
回答数: 111

閲覧数:
157,649
回答数:
313

違反報告

回答

1〜5件/313件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tuk********さん

2018/11/1504:49:15

間違っていません。

身を守るには、最適な

行動したのですよ!

あなた様は、正しい。

mel********さん

2018/11/1417:29:49

君は間違ってない

gay********さん

2018/11/1417:24:14

アソコを触られたらこの情報を読んでと言います。

SNSで自慢する人、それにイラつく人の共通心理
2018年11月12日 05:00ダイヤモンド・オンライン
SNS時代を迎え、ブログやフェイスブック等から自身の出来事や情報を発信しやすくなりました。あるブログの内容が良かったので祝福コメントを入れようとした時、好意的にとらえていない人の書き込みを見て、嫌な気持ちになったことはありませんか?そこで今回はネット社会が生み出す心のひずみについて、『ビジネス心理学100本ノック』の著者・榎本博明氏がわかりやすく解説します。

SNS時代を迎え、個人の考えや行動を好きな時間に気軽に発信しやすくなりました。

ところがその内容を見た人たちが心よく思わずイラッとしたり、周りに批判的な言動をしたりといったことが少なくありません。特に細心の注意を払わないまま情報を発信すると、内容によっては攻撃されて炎上したりすることもあります。そこで今回は、SNSの発信者、受け手側双方に共通する「心のひずみ」について事例を交えながら読み解いていくことにしましょう。

【ケース1】 仕事が上手くいくと SNSで自慢せずにはいられない人


桑原さんは、今日、仕事で大きな成果がありました。なぜなら難攻不落といわれていたA社から、大型の受注を勝ち取ったからです。

彼は礼儀正しく、てきぱきと仕事をこなしていることもあって、部内からはこれまでの努力が報われたと評価されていました。ところが、彼には周囲も知らない、別の顔があったのです。それは、帰宅すると自宅のパソコンからフェイスブック等を通じて、普段の業務活動について画像をつけて情報を毎日発信しているのです。

プロ野球中継も終わった22時過ぎのある日のこと。同期の梶谷さんは、家でリラックスしながらフェイスブックを見ていた時、タイムラインでどこか見覚えのある建物とコメントが流れてきたのを見ました。

「いえ~ィ、ついにA社から受注をとったぞ~」
「粘ったかいがありました!」
「営業には命懸けているんで。これからもフルパワーで頑張ります!」

それは、桑原さんのフェイスブック。自撮りの写真とともに、背景に明らかにA社と思われるビルが写っていました。

これを見ているうちに、ライバルに受注された嫉妬心が沸々と湧き上がってきたのです。

「僕だって、この企業を担当させてもらったら、結果を出せるのに!」

翌日、梶谷さんは桑原さんが周囲にいないことを確認し、上司を含めた同僚にフェイスブックの投稿内容を説明し、憂さを晴らしていたのです。

自分の有能さをSNSで アピールしたくなるタイプは?


SNSの時代になって特に目立つのが、桑原さんのような過剰な匂わせ行為です。

榎本氏はこのタイプを「匂わせ過剰症候群」と呼んでいます。仕事が上手くいくと、誰かに自慢せずにはいられず、フェイスブックやブログ等から情報を発信。名の通った会社の仕事に関わると、その会社名を吹聴したくなり、会社名がわかる写真をさりげなくアップします。

他にも何らかのイベントに参加するたびに写真をアップする人もいれば、出張のたびに出張先の駅や街中の写真をアップして、自分があちこち駆け回って忙しいことをアピールする人もいます。

こういった心理はいったい、どこから出てくるのでしょうか。

その答えは、自分への自信のなさにあります。それで、実際以上に自分を大きく見せたくなるのです。いわば、「承認欲求のとりこ」になっている状態です。その結果が、過剰な匂わせ、となります。自分の不安を覆い隠そうと、自分の存在の大きさ、有能さをさりげなくアピールします。承認欲求にとりつかれるようになると、自身のアピールが過剰になってしまうのです。

他人の投稿にいつも イライラするタイプは?


一方、梶谷さんの心境はどんなものでしょうか。桑原さんの投稿を見ても、「へー、そうなんだ~」と流せばいいのに、そのたびにイライラしてしまうのです。それはなぜでしょうか。その心理を見ていきましょう。

榎本氏は、人の匂わせに対し、イラッとしてしまうタイプを「匂わせ過敏症候群」と呼んでいます。

例えば、先ほどの梶谷さんが同僚の桑原さんに「髪が乱れているよ」と教えてあげると、「このところ忙しくて睡眠不足で、髪をセットする時間がないんだ」という返事だったり、桑原さんに今度は「お昼でも食べにいかない?」と誘うものの、「いやあー、今日は先におにぎり買ってきちゃって。12時半から会議なんだ」と桑原さんから言われたりしたとしましょう。

この時、梶谷さんは素直に「忙しくて切羽詰まっているんだな」と思うことができないため、イラッときてしまう。桑原さんにマウンティングされたような気がしてしまう。そして梶谷さんは「お前は暇だろうけど、俺は忙しいんだ」と、有能さをアピールされているように感じてしまうのです。

これも実は、桑原さんとの共通点ともいうべき「自信のなさ」の現れといえます。そのため、相手の言動を素直に受け止められないのです。仮に相手の匂わせが過剰な場合であっても、普通ならそこに滑稽さを感じる心の余裕があるものですが、それがないのです。

【ケース2】 気に入らない、面白くない投稿を見ると SNSで悪口を広めようとする人


先日石田さんは、初めてフルマラソンに挑戦しました。約42キロを走るのは、彼にとって想像よりも苦しく、心が折れそうになったこともありましたが、その分、ゴールできた時の嬉しさは、何事にも代えがたかったようです。

また、途中で見えた富士山がすごくきれいで、何度も立ち止まって写真を撮ったようでした。ツイッターやブログなどで、その写真をたくさんアップしていました。石田さんと知り合いの倉本さんもブログなどでよく見ており、マラソンに挑戦した時の話は、非常に好意的にとらえていました。

「初めての経験で、本当に感動したんだなあ」

そう思いながら、祝福のコメントを入れようとした時、倉本さんは石田さんの投稿を好意的にとらえていない人の書き込みを見てしまったのです。

「公道を占拠して迷惑だと思わないのか?」
「そうだよ、おかげで約束の時間に間に合わなかったじゃないか!」

「立ち止まっている人が多くて、走りにくかったよ…」
「いきなり停止するのは、本当に危険だからやめてくれ!」

「そんなコメント、わざわざ入れなくてもいいのに…」と思いながら、倉本さんの気持ちはげんなりしてしまったのです。

あなたの周りに、このように悪口を相手のブログやSNSに書き込んで広めようとする人、あるいは傷ついた人をさらに糾弾し、奈落の底に落とすような発言をする人――等々、迷惑な人はいませんか。こういった、極端に自分勝手で攻撃的な言動をする人をサイコパスと呼び、特にアメリカでは注目されています。

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアによれば、サイコパスとは、異常人格の一種で、人と気持ちを分かち合ったり他人と温かな情を交わし合ったりする能力に欠け、自己中心的で、無神経で、後悔の念のないタイプだといいます。

良心の抑制がきかず何でもしでかしてしまう人で、特に他人の痛みや苦しみを思いやる能力が欠落しています。このようなサイコパスが、北米には少なくとも200万人もいると推定されます。

日本人の中には、そういった人は少ないと見られていますが、日本でも「儲けがすべて、得したもん勝ち」みたいな思想が広がりつつあり、サイコパス的な人物も目につくようになってきています。

社会的に活躍して 成功を収めている人も…


サイコパスは反社会性人格障害に分類されます。確かにサイコパスには罪を犯す人もいます。中には冷酷な人格でありながら、社会で活躍している人もいます。起業して成功した人たちの中には、自分勝手で、攻撃的で、他人の気持ちを配慮しないような人も少なくありません。

ヘアは、サイコパスを見分けるためのチェックリストを示しています。サイコパスに当てはまる人は、(1)感情・対人関係面では、口達者で皮相的、自己中心的で傲慢、良心の呵責や罪悪感の欠如、共感能力の欠如、ずるくてごまかしが上手い、感情が浅い、(2)社会的異常性の面では、衝動的、行動をコントロールするのが苦手、興奮がないとやっていけない、責任感の欠如、幼い頃の問題行動、成人してからの反社会的行動といった特徴をそれぞれ示しがちです。

この中で特に自己中心で傲慢、良心の呵責の欠如、浅い感情、ごまかすことの上手さは、根深い共感能力の欠如と密接な関係にあるとされます。他人の感情にまったく関心がなく、人の身になって考えることができないのです。

ネットを通していろんな人格が明らかになるのは、匿名性による罪悪感の欠如もあるのでしょうか。

何かのきっかけで、こういう発言をしている人が周囲にいるとわかった場合には、決して深く関わらないことです。

アソコを触られたらこの情報を読んでと言います。

SNSで自慢する人、それにイラつく人の共通心理...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rim********さん

2018/11/1305:20:21

Twitterでネタにされとるやつやーんww

dis********さん

2018/11/1116:57:36

初デートで触ってきたなんて、貴女も魂胆が分かっていたならH目的だけの男ですよ。
別れたほうがいいですよ。
男女間ではHは必要かもしれませんが。
その前にお互い理解と信頼が必要だと思いますが?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる