ここから本文です

日本語の中で造語が出来るとき既存の音素が全く参照とされないということがないの...

dor********さん

2017/12/3112:58:37

日本語の中で造語が出来るとき既存の音素が全く参照とされないということがないのはなぜですか?

たとえばアベノミクスいう造語はabe(安倍、固有名詞)+no(の、助詞)+micsといったようにエコノミクスという既存の語をベースとしつつ、
全く今までになかった音素が造語を構成する要素の一部になっているということもありませんね。
たぶんそれは日本語に限ったことでなく、今までになかった適当な音素に意味を付与して新たな造語とするといったことは
有史以降から既にほぼ無くなっているように思います。

私の考えですが、既存の音素を元に作った造語なら構成成分に元々備わっていた意味からその造語の意味の類推が出来ますが、
そうでないものは最初のうちは字面が意味を伝達する役割を果たさず、いちいち説明を要するというだけのことであるため、
原則として見出すまでもないごく当たり前のことかも知れません。

最近流行の異世界系と呼ばれるジャンルの小説を作ってる人も名前の語感を既存の神話にあった音素から借りる傾向があります。
そういう意味ではクトゥルフ神話は興味深いです。「クトルゥフ」自体が語源を持たない(あえて言えばそれ自体が単一と語源となり得る)独自の音素ですからね。

実際、こういった造語と音素の問題に関わる背景には何があるのでしょうか?

閲覧数:
37
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nas********さん

2017/12/3113:23:24

言葉は元々意味を伝達するツールですので、全く独立して類型の無い概念を表すので無い限りにおいては、完全に新規な音素を使うのは非効率であるというのが理由では無いかと。
だれかが全く新規の音素をつけたとしても、よりなじみやすくて広がりやすい別の音素が与えられて一般流通すると置き換わってしまう現象も生じるでしょうし。

ということで、集団としての人という存在の共通認識になるための要件が背景にあって、全く新しい音素から成る言葉が定着するには、極めて高いハードルがあるものと推測します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「類推する 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる