ID非公開

2018/1/5 1:10

22回答

国家一般職と国税専門官ってどちらが難しいですか??

公務員試験3,620閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

2

ほとんど同等レベルです。 筆記試験に関しては科目がほとんどかぶっていて、問題難易度も同じくらいなのでどちらかの筆記試験を目指して勉強すれば、両方対応できる力がつきます。 ただ、国家一般職に関しては最終合格後に官庁訪問があるため、一概にどちらが難しいと言えなくなります。 例えば警察庁や財務省に内定をもらうのと比較的多く採用する労働局や法務局に内定をもらうのでは難易度は異なります。(面接なので、採用担当者との相性もあるためなんとも言えないところではありますが) また、国税専門官試験においても最終合格後希望の国税局に配属されるかというところまで考えれば、また難易度も変わってくるところです。 さらに、国税専門官では筆記試験において専門記述が課され、国家一般職では教養論文ご課されるので、これもどちらが難しいかは一概には言えません。(どちらもそこまで採点は厳しくないけれど。ただ、専門記述を準備する方が対策には時間がかかると思われる) あくまで一次試験(筆記試験)二次試験(人事院面接)を突破する最終合格までの難易度であればほぼ同等ということです。 公務員試験は就職試験であり、大学受験のように偏差値で計れるようなものではないということはご承知おき頂ければと思います。

2人がナイス!しています