ここから本文です

殺処分問題も岩倉使節団派遣が必要?

アバター

ID非公開さん

2018/1/714:50:13

殺処分問題も岩倉使節団派遣が必要?

殺処分問題は様々な人達が自分の主観で情報発信しているので何が正しい情報なのか混乱してしまいます。以下の情報が顕著です。

①ドイツは殺処分ゼロ、日本は遅れている。ドイツを見習おう→間違い→民間で殺処分しているので人口比率からいうと日本よりも多い。
②ドイツは生体販売を禁止している。→間違い→世界最大のの生体販売会社はドイツにある。生体販売はドイツでも行われているし、それを禁止する法律などない。
③生体販売が諸悪の根源だからペットショップなんか潰してしまえ。→間違い→殺処分されている犬猫のほとんどは野良犬猫なので生体販売はほとんど影響ない。ペット業界を批判するのは筋違いだ。

①②③共に賛成反対派で意見が真逆になります。ですから、護憲派と改憲派。原発賛成派と反対派。沖縄基地問題の賛成派と反対派。激論になり、後日違う質問をしたら、激論になった人が掲示板を荒らしに来ます。ですから、id非公開にしないと、質問まともに出来ません。殺処分問題も同じです。こんなに荒れていると思いませんでした。驚きです。

明治維新初期に新政府は岩倉使節団を欧米に派遣して日本と欧米諸国の違いを徹底的に調査したそうですが、殺処分問題もこれが必要ではないでしょうか?

正しい情報を知らないと議論も解決もできないと思います。

皆さんのご意見お聞かせください。

閲覧数:
124
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2018/1/816:28:00

んー相反する情報の、それぞれの一次ソースを調べて、どっちが信頼できる情報源から発生した説なのか自分で判断すりゃいんじゃね?

①と③は、公的で詳細な資料が存在するのは確かっす。

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8748098_po_0830.pdf?cont...(諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 国立国会図書館
調査及び立法考査局農林環境課公式レポート)

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat...(環境省統計資料)

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/818:46:07

    回答ありがとうございます!

    あなたの仰ることもごもっともなんですが、有識者による実地検証が一番説得力があると思います。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/13 05:54:52

回答ありがとうございます!
勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dre********さん

2018/1/813:56:57

まず、あなたは「(客観的)事実」と、「(主観的)意見」を混同しています。
まずそこから整理してください。

まず「(客観的)事実」ですが、「実際に起こった事柄、現実に存在する事柄」です。
例えば「平成28年度の犬猫の公的殺処分数は55,998頭である」が「客観的事実」です。
「現実に存在する事柄」ですので、回答は一つしかありません。
ですから「平成28年度の日本の犬猫の公的殺処分は10万頭である」は誤りです。
正解は「平成28年度の犬猫の公的殺処分数は55,998頭である」しかありません。

対して「(主観的)意見」は、「日本の殺処分数は多い」、「日本の殺処分数は少ない」、「殺処分はやむを得ない」、「殺処分は絶対になくすべきだ」などと言う、「ある問題に対する個々人の主張・考え。心に 思うところ」です。
したがって、「意見」は、「事実」と異なり、どれが絶対正しいとか、正解は一つではありません。
全て誤りでもあるし、正しいとも言えるのです。


さて、あなたのご質問ですが。

>殺処分問題は様々な人達が自分の主観で情報発信しているので何が正しい情報なのか混乱してしまいます。
①ドイツは殺処分ゼロ、日本は遅れている。ドイツを見習おう→間違い→民間で殺処分しているので人口比率からいうと日本よりも多い。
②ドイツは殺処分ゼロ、→間違い→世界最大のの生体販売会社はドイツにある。生体販売はドイツでも行われているし、それを禁止する法律などない。

①②とも、これは客観的事実についてです。
客観的事実は、証拠によって検証できます。
客観的事実は、相反する事実は同時には存在しません。
例えば、②ですが「ドイツは生体販売を禁止しているからペットショップはない」と、「生体販売はドイツでも行われているし、それを禁止する法律などない」は同時に存在しえません、ですが。
どちらかが正解で、どちらかが誤りです。
客観的事実については、その事実を証明する証拠があるか否かが、どちらが正解かを判断する根拠となります。
「ドイツでは生体販売を禁止している」と主張している人が、「ドイツで生体販売を禁止している法律」を提示できなければ、その事実は間違い、嘘ということになります(日本語ではなくドイツ語の原文ソースでね。笑い)。
「生体販売はドイツでも行われているし、それを禁止する法律などない」と主張している人が、例えばドイツの信頼できる統計資料で「ドイツには生体販売ペットショップが4,100軒ある」や、実際にドイツで営業しているペットショップのホームページや広告、マスメディアのニュース、さらには、ドイツの法令で「ペットショップの認可基準」を定めた条文などを証拠に上げれば、「生体販売ペットショップはドイツでもあるし、それを禁止する法律などない」ということが正しいということになります。

ドイツの事柄は、ドイツ語の一次資料で調べましょう。
日本のドイツの動物愛護に関する報道は、大変嘘が多いです。
では、ドイツの法律の原文と、日本語の資料が食い違っていた場合、あなたはどちらを信じますか。
それと資料の質も見極めてください。
ドイツの連邦政府や州政府が出している資料と、日本の民間の弱小愛護団体のHPの内容と、どちらが信頼性が高いでしょうか。
考えてみましょう。

①の「ドイツは殺処分ゼロ」は誤りです。
なぜならば、ドイツ全州に、犬の公的殺処分を規定した法律があるからです。
そのほか、ドイツに州政府が出している公的統計や、ベルリン州議会議事録においても、犬の公的殺処分の数と予算が審議されてます。
ティアハイムのHPには「当施設は殺処分しています」と明記してありますし、ティアハイムの殺処分数統計も、インターネットで公開されています。
また、ドイツの大学の調査では、ティアハイムの殺処分率は3割近くとしています。

②の「ドイツは殺処分ゼロ」はあやまりです。
ドイツ連邦動物保護法(Tierschutzgesetz)11条に、生体販売ペットショップの開業についての規定が書かれています。
犬の販売も禁止していません。
ドイツ連邦動物保護-犬保護規則(Tierschutz-Hundegesetz)にも、犬の販売についての規定が有りますが、「ペットショップを禁じる」規定はありません。


(参考資料)

・ドイツには、人口比で日本より多い約4,100の、生体販売ペットショップがあります。
https://de.wikipedia.org/wiki/Zoofachgesch%C3%A4ft
Ein Zoofachgeschäft , ist ein Unternehmen im Einzelhandel , das seinen Kunden Heimtiere ,Tiernahrung und entsprechendes Zubehör zum Kauf anbietet.
Nach § 11 des deutschen Tierschutzgesetzes ist für den Handel mit Heimtieren eine spezielle Genehmigung erforderlich.
In Deutschland gibt es über 4100 Fachhändler, deren Betriebsstrukturen sich mitunter stark unterscheiden.
Einzelkaufleute sind im Markt ebenso zu finden wie Filialisten oder Fachabteilungen in Baumärkten und Gartencentern.
ペットショップとは、顧客のためにペット(の生体)を販売し、ペットフードおよびペットの関連アクセサリーを販売提供している企業です。
ドイツ連邦法、動物保護法11条により、ペットの生体販売においては、特別な許可が必要とされています。
ドイツ連邦共和国内には、4,100以上の、小売を行っている(生体展示販売の)ペットショップがありますが、それらの経営形態においては大きく異なるケースがあります。
個人事業主が商業集積地で営業するもの、並びにDIYの店やガーデンセンター内の店舗やそれらの一部門で見つけることができます。

https://de.wikipedia.org/wiki/Zoo_Zajac
Die Zoo Zajac GmbH betreibt in Duisburg-Neumühl das größte Zoogeschäft der Welt.
Die ca. 12.000 m² große Ladenfläche umfasst über 1000 Aquarien, 70 Teichbecken, 500 Terrarien, 40 Volieren, eine Katzenanlage, 150 Kleinsäuger-Gehege und die nach eigenen Angaben modernste Hundeanlage Europas.
Zズー・ザヤック株式会社は、世界最大規模の生体販売ペットショップ事業で、ドイツのデュイスブルグ・ノイミュールで運営されています。
約12,000㎡の売り場では、1000以上のアクアリウム、70の池、500のテラリウム、40の鳥ケージ、猫の販売施設、150の小さな哺乳動物の檻、そしてヨーロッパで最も近代的な犬の販売施設があります。

・世界最大の、ドイツにあるペットショップを報じるTVニュース。
https://youtu.be/dpAIbZTUkkQ

あなたは、これらの資料がすべて捏造とお考えですか。
あなたの質問を読んで、申し上げたいことは以下のとおりです。
1、「客観的事実と主観的意見を混同しないでください」。
2、「客観的事実は証拠により証明できる。相反する客観的事実は同時に存在し得ない」。
3、証拠の信頼性には差があります。それを理解しましょう。

別に、岩倉具視視察団を派遣しなくても、ドイツに行けば、日本では考えられないような超巨大な生体販売ペットショップが幹線道路沿いにいくらでも目につきます。
ご自身でドイツに行き、レンタカーでも借りて見に行かれたら納得するのではないですか。
それは一番早いです、お悩みならば。
日本よりよほど規模が大きいですし、数も多いですから、嫌でも目につきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる