川淵サブローさんは、サッカーやバスケのクラブチームを通じて「誰でも老若男女、運動能力の有無は問わずに気軽にスポーツを楽しめる社会」にしたい、

川淵サブローさんは、サッカーやバスケのクラブチームを通じて「誰でも老若男女、運動能力の有無は問わずに気軽にスポーツを楽しめる社会」にしたい、 つまりは日本のスポーツ文化の中に存在している「体育会系」という価値観を壊そうとしているのかも知れないですが、そういう方向性などを一部の人たちとトップダウンで決めてしまい、あたかも全体がそう考えているかのように喧伝したりと、やっていることが体育会系そのものですよね??

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

平成23年に制定されたスポーツ基本法に掲げられた「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことはすべての人々の権利」を実現するため,国,地方公共団体及びスポーツ団体等の関係者が一体となってスポーツ立国を実現していく重要な指針として,「スポーツ基本計画」を平成24年3月に策定しました。 以下10本の柱を軸として総合的かつ計画的に取り組むべき施策等を掲げ,スポーツ庁はスポーツの振興に取り組んでいきます。 スポーツ庁も、同じ方向性です。こっちには意見を言わないのですか?

その他の回答(1件)