ここから本文です

宇宙旅行の帰りなどでなぜパラシュートを高高度から開かないのですか?

mim********さん

2018/1/902:17:09

宇宙旅行の帰りなどでなぜパラシュートを高高度から開かないのですか?

そうすれば断熱圧縮も少なくなると思うのです。

実際は開かない,開けない理由があると思いますので、それをお教えしていただけるとうれしいです。

閲覧数:
144
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhh********さん

2018/1/907:35:56

宇宙からはたといティッシュペーパーを
落としたとしても流れ星と同じように燃え上がります。

減速効果よりも空力加熱が勝る領域が
あり、ここを越えないとパラシュートも
意味がなく、また、開いていれば燃えてしまいます。

そして、あまり地上遠くから開傘するとデメリットも
あるんです。
つまり、風の影響を強く受ける時間が長くなるので
着陸地点がブレる。

質問した人からのコメント

2018/1/15 21:44:13

(イメージでは)スカイダイビングのようにパラシュートを開くとかなり速度が落ちて空力加熱が起こらない.そのように思っていたましたが,現実では減速効果より空力加熱が勝ることがあること.これを知れて良かったです.

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2018/1/915:01:41

>>宇宙旅行の帰りなどでなぜパラシュートを高高度から開かないのですか?

希薄な空気ではパラシュートは開かないし、仮に開いても大した抵抗にならないので意味はないわな。

wat********さん

2018/1/913:25:01

高高度では空気が薄すぎて、パラシュートを出したところで減速しないからですね。
やや濃くなってきたところで出しても、まだ減速していないのであまりにも早くってパラシュートが燃えちゃいます。そりゃそうでしょう。宇宙船本体も高熱に包まれているんですからね。
その本体の空気抵抗で減速が進み、十分速度が遅くなってきたところで出して開くように段取りしています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

man********さん

2018/1/913:03:13

パラシュートが働かない高度では開く意味がありませんしねぇ…
空力加熱が起きる領域(重要なのは速度)ではパラシュート開いたら艇体と同様に数千度以上の高温に晒されます。
なにしろマッハ40とかよりもっと速いんで。

間違いなく一瞬で燃え尽きます。
っていうか、ちぎれちゃうでしょ。
燃え尽きなかったとしたら、ものすごい急減速で内部の乗員は死にます。

十分に減速してからでないとパラシュートを開けません。
燃料がた~くさん残ってて、それを使って十分に減速できれば問題解決なんですが…実際には軌道速度よりちょっと落とすぐらいの燃料しか残ってないからなんですよ。

だから銀河英雄伝説に出てくる宇宙船は、パラシュートは要りません。
ふんだんな推力で普通に減速して着陸し、そのまま離陸します。
綿密な軌道計算もあまり必要ないです。

kit********さん

2018/1/902:21:43

真空又は空気の薄い上空でパラシュートを開いても意味がないからでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる