ここから本文です

地球温暖化対策で、意外な方法はありますか?

アバター

ID非公開さん

2018/1/1017:18:15

地球温暖化対策で、意外な方法はありますか?

車を使う頻度を減らす、エアコンの温度は下げすぎない、上げすぎないなど、よく知っているものではなく、人とかぶらない案を授業で求められています。

どなたかご存知の方教えてください!

閲覧数:
96
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jin********さん

2018/1/1017:19:08

そこを考えるのが勉強ではないのですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2018/1/1111:00:00

→ → →

CO2?が、原因?なのでしょうか? 違うんではないのか?です。CO2を減らしても対策には成り得無いのです。地球温暖化(自然起因)への対策?は、無い?でしょう?
(周囲へ熱を出さない?のが対策?なんでしょうか? そうだと言いたいのならば、熱をださないのが対策?なんでしょうね?)

msa********さん

2018/1/1108:56:33

意外な方法はないとおもいます。

多少未来的なことになりますが、再生可能エネルギーと水素利用を推進すべきと思います。そのために電力料金は多少は値上げして、電力の使用量を抑制するとともに、水素コストを下げて水素利用を促進すべきと思います。電気・水素単独でもメリットがありますが、総合的に大きなメリットが期待できます。

自動車は将来は水素のもんでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2018/1/1108:55:59

・発電は石炭から天然ガスに転換する。天然ガスの方が炭素の割合が少ないため、石炭よりも二酸化炭素の排出が少ない。アメリカではシェールガスの産出が大幅に増えて、エネルギー源の天然ガスへの転換が進んだため、二酸化炭素の排出が大きく減った。

・CO2ニュートラルの廃材、間伐材、生ゴミを燃やすバイオマス発電を多くする。二酸化炭素が出ても、もともと起源は大気中から吸収した二酸化炭素だから、二酸化炭素を出したことにはならない。

・運転時に二酸化炭素を出さない太陽光発電、風力発電、水力発電、原子力発電の割合を高める。

・クールシェア、ウオームシェアを行い、個人ごとの冷房、暖房を減らす。図書館、コミュニティセンター、集会所などの公共スペースで過ごすと、家の冷房、暖房を節約できる。

・なるべく電車、バスなどの公共交通機関の利用の割合を高める。車はなるべく2人以上の乗り合いで利用する。

・ハイブリッドカーなどの低燃費の車や電気自動車の割合を高めて、石油の消費を減らす。

・車は急加速やブレーキはなるべく減らす低燃費運転を心がける。

・家を作る時に断熱材を厚くし、窓を二重にするなどして、断熱性、気密性を高めると、冷暖房費は少なくなる。

・牛などの反すう動物のげっぷを減らすように、えさの配合を変える。げっぷに含まれるメタンは温室効果が二酸化炭素よりも大きい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる