ここから本文です

1990年代公定歩合が6%で郵便定期10年で満期時2倍のお金を受け取ることが...

kumanonadanadarakaさん

2018/1/1122:59:00

1990年代公定歩合が6%で郵便定期10年で満期時2倍のお金を受け取ることができた。

さらにさかのぼって1984年には公定歩合が9%であった、

つまり、その時の10年後1994年に郵便定期を満期で受け取った人達が沢山いて、

日本人はこの時が一番お金持ちだった!?

日銀は国民をお金持ちにして経済を豊かにするために今すぐ公定歩合を6%にアップするべきである!

マイナス金利とか異常な低金利を何十年も続けたために日本人は貧乏になってしまった!?

今すぐ日銀は公定歩合を年率6%にアップしなくっては!!

以上は知人が言ってましたが同感でしょうか?

◇「1990年代公定歩合が6%で郵便定期10年で満期時2倍のお金を受け取ることができた。
さらにさかのぼって1984年には公定歩合が9%であった、
つまり、その時の10年後1994年に郵便定期を満期で受け取った人達が沢山いて、
日本人はこの時が一番お金持ちだった!?」ーーについて、

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ft1990nさん

2018/1/1522:46:00

1993年の金利自由化以降は公定歩合と銀行預金の金利は連動しなくなっています。従って現在公定歩合をいくら高くしようが預金金利は変化しません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。