ここから本文です

松井薫著「5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング」の「基本の5秒腹筋」の方法説明ページ...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1223:44:55

松井薫著「5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング」の「基本の5秒腹筋」の方法説明ページに、「腰が曲がらないところまで上体を倒す」「腰を折ってうつむくようになってしまうとお腹に力が入らず効果がないので要注意」と

あるのですが、ここで言う「曲がらないところまで」を「これ以上曲がらないところまで」という意味に取ると腰を「折る」ことになってしまうので、「曲がらないギリギリのラインまで」という意味に取るしかないと思うのですが、手本の写真では腰が曲がっていますし、YouTubeの動画でも曲がっています。一体どうすればよいのでしょう?胸から上を倒すイメージということでしょうか?胸から上だけを倒すイメージで倒しても、現実には腰も少々曲がってしまいますから、手本の腰の曲がりは、その程度の腰の曲がりだということでしょうか?

手本,松井薫著,腹やせトレーニング,腰,イメージ,腹直筋,クランチ

閲覧数:
63
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

don********さん

2018/1/1304:23:19

腹直筋の働きとして腰を曲げるというものではないですから、よく言われるおへそを見るイメージで腹直筋が収縮すれば良いと思います。
寝た状態での腹筋のエクササイズで例えると 「腰が曲がる(腰が折れる)」というのは上体起こしのことで 「腰を曲げずにうつむく」というのはクランチの状態ですね。
おっしゃる通り現実には多少腰も曲がっても良いかと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/1909:22:32

    ご回答ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる