ここから本文です

ピースさん、君が条件を受け入れると明言しましたので、再質問します。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1500:02:54

ピースさん、君が条件を受け入れると明言しましたので、再質問します。

(条件は以下の前質問のとおりですので、割愛します)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141844335...

八正道や六波羅蜜に関する、あなたの解釈は以下のとおりです。

>法華経を実践すれば、八正道、六波羅蜜を学ばず実践しなくてもいい、と言い出す始末。

>八正道を実践しないから、「正しい」が見えない。六波羅蜜を実践しないから、自己中心になる。

>釈尊がなんのために最初に八正道や四諦の法門を説き、十二因縁を説き、様々な教えを説き、その集大成として法華経を説かれたのか…法華経以外は邪教としていたら、この釈尊の慈悲は絶対に理解できないでしょう。


次に、私の解釈を述べ、反論します。
私の解釈:法華経を実践するなら、あえて八正道や六波羅蜜を実践する必要はありません。全て、法華経を信じ、受持する実践に含まれるからです。

これは、私個人の意見でも創価学会が勝手に作った考えでもありません。
仏教を説いた釈尊自身が、そのように教えているのです。
その根拠となる経文は以下のとおりです。

法華経序品第一に
「為求声聞者。説応四諦法。度生老病死。究竟涅槃。為求辟支仏者。説応十二因縁法。為諸菩薩。説応六波羅蜜。令得阿耨多羅三藐三菩提。成一切種智。」
【訓訳】声聞を求むる者の為には応ぜる四諦の法を説いて、生老病死を度し涅槃を究竟せしめ、辟支仏を求むる者の為には応ぜる十二因縁の法を説き、諸の菩薩の為には応ぜる六波羅蜜を説いて、阿耨多羅三藐三菩提を得一切種智を成ぜしめたもう。

また、法華経不軽菩薩品第二十に
「為求声聞者。説応四諦法。度生老病死。究竟涅槃。為求辟支仏者。説応十二因縁法。為諸菩薩。因阿耨多羅三藐三菩提。説応六波羅蜜法。究竟仏慧。」
【訓読】声聞を求むる者の為には応ぜる四諦の法を説いて、生・老・病・死を度し涅槃を究竟せしめ、辟支仏を求むる者の為には応ぜる十二因縁の法を説き、諸の菩薩の為には、阿耨多羅三藐三菩提に因せて、応ぜる六波羅蜜の法を説いて仏慧を究竟せしむ。
とあります。

↑の『四諦』とは「四聖諦」とも言い、①苦諦 ②集諦 ③滅諦 ④道諦の4つを言いますが、このうち④の道諦[どうたい]は八正道を意味します。
つまり、声聞を求める方に八正道を含む四諦を説きました。
わかりやすくいえば、釈尊は、当時の機根の低い衆生に対して、まずは声聞界を目指すように教えたのです。
同じように、十二因縁を説いて、機根の低い衆生に対して、辟支仏(縁覚)を求めるように仕向けたのです。
徐々に機根が整ってきた菩薩には成仏を目指すように六波羅蜜を説きました。
声聞・縁覚より境涯の高いのが菩薩ですが、菩薩が修行で獲得すべき六波羅蜜について、釈尊は無量義経十功徳品第三において、以下のとおり説いています。

「未だ六波羅蜜を修行する事を得ずと雖も六波羅蜜自然に在前す」
通解:この経を信じ受持する功徳によって六波羅蜜は自然に具わってくる

とあります。
釈尊は、法華経を信じ、受持することが六波羅蜜の修行に適い、六波羅蜜の六つの徳目である①布施②持戒③忍辱④精進⑤禅定⑥智慧、が得られると教えています。


以上が、私の解釈の根拠です。
ピースさんも、君の解釈を述べるなら、その根拠となる釈尊の経文を明示してください。
釈尊の経文にない見解であれば、それはあなたの”我見”に過ぎないことになります。
”我見”であれば、釈尊の教えに違背することになり「誹謗正法」のそしりを免れません。

あなたの番です。
どうぞ、釈尊の経文を示して、君の解釈の正当性を述べてください。
これは”法論”と受け止めて構いません。

補足釈尊の仏法に違背し、立正佼成会の信仰観を守ることができない『破戒』の信仰者、ピース君が反論不能となりました。(笑)
今回で2回目の質問ですが、未だに、真正面から回答ができないようです。
まあ、こういう結果は最初からわかっていました。(笑)

彼のブーメラン発言をご覧ください。
笑えます。

>本質問への見解を一言も述べずに他者を引き合いに出し批判するための回答はマナー違反、モラルに欠ける回答です。

>できなければ、自分の勝手、都合だけの「ご都合主義」確定です。

>回答されなければ、「自分の見解も示さず他者を批判」することがバロマリンさんの生きざまと確定します。

>で、本質問であるteatyandesuさんの発言については、いつ答えてくれるのかな?

>自分は本質問に回答しなくても許されるの?ねぇ、ねぇ、なんで?なんで?(笑)自分だけはなんで本質問に回答しなくていいの?

>とりあえずさ、他人へのリクエストより、あなた宛のリクエストに回答してくださいよ。

>解説もしないで、相手の批判だけであれば、それは単なるクレーマーです。宗教者でも信仰者でもありません。当然ですが、法華経行者でもありません。

この質問は、pea********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
188
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/1/1502:28:40

そろそろ察してあげましょう。

彼は、あなたと真面目な話がしたいわけでは無く、アンチ創価学会どうしで馴れ合いたいだけですよ。

それは、彼と何度もやり取りをしているあなたが一番よくわかっていますよね。

空気を読んで彼と馴れ合うか、もしくは無視すればいいのでは?

彼が根拠の無い創価学会批判をする。あなたが、それに乗っかり品の無い書き込みをして創価学会を貶める。

彼は、そんな関係を望んでいるのですよ。もちろん、この知恵袋の宗教カテゴリにいる多くのアンチ創価学会が望んでいることです。

どうしても彼の希望に反して真面目な話がしたいのなら、別人として書き込みをしましょう。そうでないと過去の書き込みを持ち出されて話が進みませんよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/2009:34:20

    >どうしても彼の希望に反して真面目な話がしたいのなら、別人として書き込みをしましょう。そうでないと過去の書き込みを持ち出されて話が進みませんよ。

    まあ、そう言う考えもあるでしょうね。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/21 10:09:42

私はアンチ創価ではありませんが、それ以外についてはあなたの見解のとおりでし。
ピース君は、創価学会(員)を攻撃したくてしたくてしかたがないお方です。
でも、私からそれを指摘されると、急に貝のように口を閉ざしてしまいます。
立正佼成会が釈尊の仏法とは無縁の団体であることがわかりました。
彼の限界が見えましたので、これで終わりとします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sss********さん

2018/1/1911:58:38

◆八正道と六波羅蜜は、仏教の基礎です。
入門編です。

正しく観察し、正しく話し、正しく生活し、正しく努力する。

心を平安に保ち(禅定)相手に対し慈悲の心になり(智慧)相手のために尽くす(布施)など。

これは入門編が終われば辞めていいという話ではなく、ずっとこのような心を持ち続けなさい、と釈尊はおっしゃると思いますね。

ところで、あるお寺の和尚様から、こんな話を聞きました。

ーーーーーー
ある金持ちが、三階建の家を羨ましく思い、大工に作らせることにしました。

大工はしっかりと頑丈な基礎を作り、一階を立て始め、二階に差し掛かった時のことです。

金持ちはイライラして言いました。

一階や二階はいらないのだ!
見晴らしのいい三階を早く作れ!!
ーーーーーーーーー

君たちにこの意味がわかる日が来ますように、森羅万象に祈ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gin********さん

2018/1/1820:47:56

ピースさんは、逃げてばっかりですね。笑 もう、勝負がつきました。
文証・理証・現証の「三証」のうち、最初の文証でピースさんは敗北しています。立正佼成会が法華経をよりどころとしているというのウソであることがわかりますね。
良く考えれば、baromarinさんの質問から逃げざるを得ないと言う現証は出ています。これが、立正佼成会を信仰した功徳でしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wik********さん

2018/1/1815:27:44

『回答したくない場合には無視することも認められると思います
リクエストに答える義務は定められていません
全ての質問者と回答者に自由意思が認められているはずです
もし、違うというなら、ヤフー事務局に確認のうえ反論してください

ルールというものは、一方が勝手に決めて成り立つものではないと思いますがいかがですか?
同意というものは必要ないのでしょうか?
そのような一方的に決めつける姿勢は、創価学会員の特徴ですか?
あまりに非常識で、不愉快ですねwww

回答しなければ「逃げた」となるんでしょう?
あなたの論理ではそうかもしれませんが回答するに値しない質問でも、こうやって付き合ってあげているのですからねwww
しかし、忙しくて知恵袋を開く暇がなかったり、急に複数の相手から質問攻めにあったり、くだらない質問を受けた場合には、「回答できない」または「回答しない」という選択肢があると思いますよ

こういう質問を愚問といいます
baromarinさんは、愚問の連発ですね
だから、回答者も少ないと思いませんか?
少しは、質問のレベルの低さに気がついてもいいと思いますよ
数少ない友人として、誰も述べることができない苦言をコメントしました
真摯に受け止めていただければ幸いです

よしてくださいよ
くだらない質問に、これ以上のお付き合いは御免です
勘弁してください
もっと、レベルアップをお願いしますね

こんな輩にいつまでも関わっているほど、私はヒマではありません』

baromarinさんの語録・名言集からです。
一部変えているところもありますが、基本的にこれらはすべて、baromarinさんの過去のこの知恵袋内での発言からの抜粋です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pea********さん

2018/1/1512:04:07

>ピースさん、君が条件を受け入れると明言しましたので、再質問します。

私は受け入れますよ。

で、バロマリンさんは私の条件を受け入れるんですか?受け入れないんですか?

もう、何回聞きました?
全然答えてくれないじゃん!だから先に進まないんですよ。
なに、シカトして質問立ててるの?
質問に入る前に、あなたが私の条件を受け入れるのか、無理なのか、それを答えなきゃ始まらないじゃないですか。


私の条件
①本質問に至った根本問題である「立ち退き料問題」について、バロマリンさんの法華経観で説明してください。すでに説明済なら、それを貼り付けて下さい。私はバロマリンさんから「棚からぼた餅」しか説明受けていません。これは法華経観に基づく説明ではありません。
本質問は、私が「立ち退き料問題」を仏教的に説明したことによって発展しています。ですから、私はきちんと説明しています。
バロマリンさんは、私の説明を批判するだけで、ご自身の信仰観、法華経観では一切説明していません。
ですから、次の段階の前に、まずは根本問題である「立ち退き料問題」について、法華経観に基づいて解説してください。
②フェアな議論をする気があるのであれば、上から目線の偉そうな態度を改めて下さい。これは大人の議論として当然の姿勢です。
君付けや、「君」と呼ぶのは、立場が上の人が下の人を呼ぶのに使うのが大人の社会です。
私はあなたの後輩でも部下でもありません。
普段は目をつぶりますが、真面目に真剣に議論するのであれば、改善するのが当然です。家族だって、真面目に話す時は敬語使いますよね?
大人として議論に真剣に臨むのであれば、この点を改めて下さい。

いたって常識的な条件です。
何度も受け入れるのか?受け入れないのか?聞いても、バロマリンさん答えないですよね。

受け入れれば、バロマリンさんは法華経観に基づいて説明しなきゃならないし、態度も改善しなきゃならない。
法華経観で説明なんてできないし、偉そうな態度を崩すのは壊れそうで怖い。
しかし受け入れなければ、自分の一方的な条件だけで、相手の条件を受け入れない、自分勝手な器の小さい人間になってしまう。

どちらを選択しても、バロマリンさんにとっては不都合だから、回答できないんですかね?

あなたは条件を出しました。私は受け入れました。
私も条件を出しました。
あなたはどうするんですか?

ルール設定を確認してから質問についてのやり取りを始めるのは当然のことです。

なぜ受け入れるか、受け入れないかを答えないのに質問を続けるのか?私には不思議でなりません。
私からの条件については受けるの?受けないの?
どっちなの?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tea********さん

2018/1/1506:51:40

横やり失礼します。

下の投稿者の sssakurazakireiaさん
>またバロマリン君、
みっともないですよ(´・ω・・`)

アンタもみっともないですよね。
自分が投稿したスレに反論され、不都合に成ったら、直ぐにスレを
削除したし証拠隠滅ですよね。

アンタは庭野会長とその夫人の立正佼成会の発足当時の事について
返答した。〔宗旨・教義とは無関係〕当時の職業の話。
私との遣り取りでは、教団の歴史、経緯など知らないと返答した。
教団の重要な課題には回答せず、タワイも無い課題なら回答する。

アンタは二枚舌、二面性だ。

>私の解釈:法華経を実践するなら、あえて八正道や六波羅蜜を実践
する必要はありません。全て、法華経を信じ、受持する実践に含まれ
るからです

釈尊は小乗教から説いて、解り易い法門から順に難解な法門を説いて
衆生を導き、法華経を説いた。無知な衆生に最初から難解な法華経は
説けなかったから。法華経以前の法門は全てが方便で有る。
従って、方便を用いて、衆生を導く手法だったのです。
ですから、小乗教の法門は、教えは実教にも含まれるのは当然ですよ。

幼稚園児や小学生が学んだ知識は大学生に成っても、大人に成っても
忘れないし、基礎学問なのです。しかし、子供には巧みな比喩、例え
、童話などを通して、教えるのです。=事実とは相違するのです。
大人の見識では、もう、必要無いのです。
小乗教の法門で有る、八正道など、法華経の後では必要無いのです。

それを理解不能なのが立正佼成会の宗旨・教義なのです。
幼稚で低級な法門を用い、宣揚する=法華経が理解出来ないからです。
上辺、表面、理論上でしか認識していないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる