ここから本文です

伊豆大島近海で地震が多いですけど これはマグマによる地震なの?

out********さん

2018/1/1513:31:07

伊豆大島近海で地震が多いですけど
これはマグマによる地震なの?

閲覧数:
122
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2018/1/1514:21:50

火山性の活動ではありません。
鹿島灘沖、犬吠埼付近での太平洋プレート活動が大きくなっている関係で、プレートが水平に押す力が房総半島付近で屈折して地表面方向を襲っています。

その位置にあるのが伊豆半島や大島です。

火山性の活動が大きくなる場合には地震活動の中に火道を確認できるような場合もありますけど、今回は位置も深過ぎますし、エネルギーラインしか見えません。

【2017年1月1日から13日の地震記録で作成】

火山性の活動ではありません。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

auc********さん

2018/1/1523:33:48

活動期に入っているとおもいます。地震と火山噴火は同時期になる事があるので気をつけて下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2018/1/1517:24:16

【伊豆大島近海で地震が多いですけど これはマグマによる地震なの? 】


・『平成30年01月15日03時17分:15日03時12分頃:伊豆大島近海:M3.5:震度3(北緯34.8度、東経139.2度:東伊豆町沖合東北東沿岸)で、震源の深さは約10km』

『平成30年01月06日05時51分: 6日05時48分頃:伊豆大島近海:M4.6:震度3(北緯34.8度、東経139.2度:賀茂郡東伊豆町奈良本沖合東沿岸)で、震源の深さは約10km』
(震源リスト:2018 1 6 05:47 58.9 34°51.1'N 139°14.7'E 11 4.5 伊豆半島東方沖 )



1月6日の地震(1/15の地震も同じような震源)について、気象庁は

『1月6日 伊豆半島東方沖の地震※情報発表に用いた震央地名は〔伊豆大島近海〕である。

2018 年1月6日 05 時 47 分に伊豆半島東方沖 の深さ 11km で M4.5 の地震(最大震度3)が発生 した。この地震はフィリピン海プレートの地殻内 で発生したもので、発震機構は北西-南東方向に 圧力軸を持つ横ずれ断層型であった。また、同日 04 時 37 分に M4.4 の地震(最大震度3)が発生 するなど、今回の地震の発生前後には、地震活動 がやや活発となった。
1997 年 10 月以降の活動をみると、今回の地震 の震央付近(領域a)では、2003 年、2011 年、 2016 年にもやや活発な地震活動がみられている。

1923 年1月以降の活動をみると、今回の地震の 震央周辺(領域b)では、M6.5 以上の地震が4回 発生している。最大規模の地震は、稲取断層帯の 最新の活動である「1978 年伊豆大島近海の地震」 の M7.0 で、この地震により、伊豆半島で死者 25 人、負傷者 211 人、住家全壊 96 棟等の被害が生じ た(「日本被害地震総覧」による)。また、伊豆大 島岡田で 70cm(最大全振幅)等の津波が観測され た(「験震時報第 43 巻」による)。』
※気象庁「平成30年1月1日以降に発生した主な地震[PDF形式: 1.04MB]」<http://www.jma.go.jp/jma/press/1801/12a/1712recently-eq.pdf>より。


と。


・なお、「伊豆半島東方沖の地震」で、伊東市東沿岸周辺の地震では、

昔、
『報道発表資料 平成21年12月21日16時30分 気象庁
伊豆半島東方沖の地震活動について(第2報)

伊豆半島東方沖では、17 日 23 時 45 分と 18 日 08 時 45 分に震度5弱を観測する地震が 発生するなど、地震活動が活発な状態が続いていましたが、19 日 23 時以降、活動は低下 してきています。
東伊豆の体積ひずみ計では 16 日から縮みの変化が続いていましたが、20 日に入ってそ の変化は緩やかになり、現在は活動前の状況に戻ってきています。
○地震活動
東伊豆のひずみ変化も緩やかになってきていることから、地震活動は次第に収まると思われます。
過去の事例から見ると、活動が収まりかけた頃にそれまでに発生した地震と同程度かやや大きな規模の地震が発生することがあります。
数日は以下のような地震に注意が必要です。 地震の規模と震度:M4~5程度(場合によってはM6程度)
震度3~5弱程度(場合によっては震度5強程度)

○火山活動
表面的な火山現象に直ちに結びつくような活動は見られていません。
1989 年の活動では地震活動が収まりかけた頃から低周波地震や火山性微動等が 観測され、その後、噴火が発生しました。
気象庁では、念のため今後しばらくの間、低周波地震や火山性微動等の発生につ
いて注意深く監視を続けます。
(参考)地下深部へのマグマの貫入量は、ひずみ変化量から見ると 1989 年の 1/3~1/4 程度 と推定されます。

今回の「伊豆半島東方沖の地震活動について」の報道発表は、活動に特段の変化がな い限り、この第2報をもって終了します。
なお、伊豆半島東方沖の領域では地震活動が繰り返し発生しております。これらの活 動は地下深部のマグマ活動に関連したもので、地下深部のマグマ活動の状況によっては、 地震活動が再び活発化することがあります。』
<http://www.jma.go.jp/jma/press/0912/21d/kaisetsu200912211630.pdf>

と。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる