ここから本文です

学生です。 1月初めの頃にある派遣会社に友人と登録し、短期、期間限定のアルバ...

kam********さん

2018/1/2512:00:04

学生です。

1月初めの頃にある派遣会社に友人と登録し、短期、期間限定のアルバイトをする予定でした。
このアルバイトは人気が殺到しているとのことでなかなか入れないかもしれないという

説明は受けていました。
ただ、早めに説明会に来たからなるべくシフトは優先すると言われました。
友人はシフトを出してから数日後、入れる日数が少ないから今回は仕事の案内が難しいと言われていました。
そして、私は友人よりも数日多くシフトを出していたため、数日の勤務が決定していました。
ところが、初勤務が3日後に迫った昨日、電話があり、「申し訳ないが、派遣会社ではなく、仕事を依頼している会社が突然、期間中勤務可能日数がほとんどという人ではないと仕事を与えられないとのことで、今回は仕事の案内ができない」と言われました。
私はきちんと勤務日は他のアルバイトにもシフトを出さず空けていたのに、間際になってそれを伝えられると困ると感じました。

皆さんはこのような経験ありますか。

閲覧数:
53
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/1/3102:14:50

沢山ありますよ。
(レギュラーのフルタイム案件ではなく、日々の単発や、短期間の案件の方が多発しがちです。)
それで他の予定も狂ってしまい、あちこちに頭を下げなければならなくなったり、仕事がなくなったダメージで他のお仕事が見つかって埋まればいいのですが、空白のままでお給料が入らなくて生活に困ったことも。
でも、いちいちその会社に食い込んで文句を言ったところで状況は変わる訳ではないので、そういう時間があれば次のお仕事候補を1つでも多く見つける作業とかにあてたほうが良いと経験上言えます。(その会社の方が謝らなくてはいけないような状況かもしれないところが、食い下がることによって、こちらのイメージが悪くなってしまい、次のお仕事を紹介されにくくなる懸念も生じる可能性がなきにしもあらず。。)
でも、例えばもう明日・明後日とかに初出勤という段階にまでなっておいて、いきなりの逆展開となったような場合は、初週分くらいはお給料保証していただけるとか、6割保証しますとかもあったりしました。
法規で決まっている訳ではなさそうなので、その辺は常識を考慮しての、担当者間での取り決め如何によるものだと思いますが、その際にある程度はご自分がどれほど困る可能性があるかという事をネゴしておいた方が保証の確率が高まるかもしれません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる