ここから本文です

ヨーロッパだか海外のどこかの貨幣で、「6と1/4」みたいなのがあって、100を2でど...

n48********さん

2018/1/2014:18:11

ヨーロッパだか海外のどこかの貨幣で、「6と1/4」みたいなのがあって、100を2でどんどん割り、50→25→12.5→6.25と刻んでいった結果そうなるみたいなんですが、
具体的にそういう分数貨幣がどこ

の国で使われているのか?
画像とかもあれば色々紹介していただきたいのでよろしくお願いいたします。
日本だと小数点に置き換えてしまうので分数はあまり普及していません。
使う機会が少ないので、日本の文系の大学生などは分数の計算が苦手な人も結構います。

分数,分数貨幣,小数点,ヨーロッパ,文系,一分金,コイン

閲覧数:
45
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2018/1/2019:01:41

オランダに2+1/2セントというコインが戦前に発行されていました。

オランダに2+1/2セントというコインが戦前に発行されていました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mor********さん

2018/1/2213:50:37

アメリカのクオーター(コイン)は1/4ドルです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gog********さん

2018/1/2015:05:54

イギリスは1977年まで、シリングとペンスの関係が12進法でした。また20世紀前半に、ベネズエラに1/8ボリバルに当たるコインがあったようですね。
あと、江戸時代の日本の一分金は1/4両、ニ朱金は1/8両の価値でした。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる