ドライアイ気味なんですが、そういう方でレーシック受けた方はその後いかがですか?

ドライアイ気味なんですが、そういう方でレーシック受けた方はその後いかがですか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

私はコンタクトでドライアイになり…レーシックをやりました。 結果、別にコンタクトの時と変わらないかなと思ってましたが…約7年前くらいに受けて最近は起床時は目薬がないと目が開けられないような状態です; 拍車がかかりつつある気がしますね。 ちなみに視力は下がってません。

その他の回答(1件)

0

レーシックをすると、角膜と同時に三叉神経という眼神経を切除する。この神経束は数年では、殆ど再生されることはない。 レーシックをすると、一時的も含め、殆どがドライアイになるのは、神経の切断により、異物や乾燥に対する知覚が劣化し防御の為の反射で涙量が数割、ダウンする事で起こる症状である。元々、涙量の多い人は、症状を感じない人もいる。でも、間違いなく、ドライアイ気味になるので、手術後、3か月から6か月は、ドライアイの治療を受ける。中には、残留角膜厚だけ有れば、ー6D 以上でも深く削る悪質なレーシック医師もいる。 手術不適合者にまで、手術しようとするので、多くの被害者が発生する。 重症化すると、レーシックのドライアイは医師が治せない。 ドライアイアイだが、子供にドライアイはいない。年齢と共に、涙量が減少するのが人間だ。 ドライアイでレーシックして、悪化する事はあっても、改善する理由はない。 慶大のレーシック医師の坪田教授は、自身の酷いドライアイも治せずに、ゴーグルメガネを掛けている。ドライアイだから、レーシックは、絶対に自身に手術しないと言っている。当然だろう。