ここから本文です

車内で練炭自殺をする際に火事にならないようにするにはどういった点に注意すれば...

sha********さん

2018/1/2411:55:28

車内で練炭自殺をする際に火事にならないようにするにはどういった点に注意すればいいですか?
練炭の上に蓋?を置かないと燃え盛る炎がシートに燃え移りますよね?

閲覧数:
214
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oka********さん

2018/1/2823:50:54

死ぬのなら中毒死でも焼死でもどっちでも良いだろ?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yaa********さん

2018/1/2416:05:18

自殺しようとする人は
次の事を受け入れて無いから自殺しようとします。
死んで物事が解決すると思わない方が良いです。

1)死んでも魂は永遠に生きている事
2)死んでもそのまま自分が存在している事
3)人生の目的は、物質的な生活では無かった事
4)人生の目的は、自分の精神的な成長であった事
5)精神的に成長する為には困難が必要であった事
6)困難を理解して、自分が困難を望んで生まれて来た事
7)乗り越えられない困難は、無いと言う事

辛さから逃げようとして
死んだら終わると思っているから
死を選ぶんです。

自殺の場合は
自分で自分の肉体を殺した事になります。
これは、将来学ぶべき事柄が残っているのに
途中で止めてしまうからです。
殺人も同じです。
他人を殺したかか自分を殺したかの違いだけです。


私達は絶対的な摂理の中を生きています。
その中には因果応報と平等があります。

苦しみと言うものは因果律の中から生まれます
苦しみがあると言う事は
過去(過去世も含めて)に何らかの形で
摂理に反した何かをしたからで
この苦しみは平等に起こります。
苦しみを体験して平等性を確保しようとしています。

苦しみの中からしか学ぶ事は出来ません
今回の苦しみで、その事を学び取ると同時に
浄化するチャンスなのです。
今の感情体験を良く理解して浄化するようにして下さい

苦しみがあるからこそ
絶対的な摂理が理解できます。

頑張って下さい
そして、
何とか乗り越えるようにして下さい。


死んで物事が解決すると思わないほうが良いですね。
死んで逃げようとしても
逃げられないのです。
それは、来世で再度同じような事が起こるからです。

では、どうするかと言うと
人生の中で何か問題が起こった時
逃げるか逃げないかで、
その後の学びの質が変わって来るようになっています。

逃げた時は
同じような現象が次から次に起こり
本人は「なぜ、自分だけこんな事が起こるのか・・・」と言うようになり
不思議なくらい同じような事が起こります
しかし、
逃げずに克服した時は
その後ピタッとその現象は起こらなくなります。
人生と言うものは、このように出来ているのです。

ですから
克服すれば好いだけの事です。
そうすれば、
もう二度とそのような事は起こらなくなります。
頑張って下さいね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる