ここから本文です

高額療養費、ならびに各種貸付制度 本人 ~ 協会けんぽ被保険者(標準報酬月額2...

tor********さん

2018/2/219:00:04

高額療養費、ならびに各種貸付制度

本人 ~ 協会けんぽ被保険者(標準報酬月額26万円)
父 ~ 国民健康保険(1級障害者。

重度心身障害者医療費助成により、1ヶ月の医療費は500円となっている)

この状況で、父を本人の被扶養者とした場合、メリットはありますか?
父の国民健康保険の支払はゼロとなりますが、
高額医療費の計算では被保険者の所得がベースになり、重度心身障害者医療費助成も協会けんぽ
でないとすると、決して協会けんぽの被扶養者にするメリットがないように思うのですがいかがでしょうか?

閲覧数:
313
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tia********さん

2018/2/304:30:02

メリットはやはり保険料ですね

重度障害者の医療費助成は、一般的には協会けんぽでも他の健康保険でも利用できる制度ですが、被扶養者となったことで所得制限にでもかかるのでしょうか?
うちの近隣の市町村なら、充分所得制限の範囲内(扶養義務者なら、給与収入換算で年800万くらい)と思うのですが

入院が多いようなら、入院時の食事負担額が増える可能性はあります

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

Lifestyle2さん

2018/2/222:05:21

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる