ここから本文です

フィリピン留学で悩んでいます。 フィリピン留学ならバギオがいいと聞いたのバギ...

ana********さん

2018/1/2714:30:21

フィリピン留学で悩んでいます。
フィリピン留学ならバギオがいいと聞いたのバギオにしようかと思っています。
セブよりバギオの学校は全体的にレベルが高いと来たのですが、それは何か理由がありますか?
それと、実際

に行ってみた方などで、良いバギオの学校を知っていたら教えてほしいです。
多すぎてどこに行けばいいか分かりません。
詳しい方教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
214
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mil********さん

2018/1/2919:11:56

途上国へ「留学」って、まじですか~

何を勉強しに行くのですか~

タガログ語?

ビサヤ語?

フィリピン文化?

後で履歴書になんて書くのか考えてからどうぞ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tob********さん

2018/1/3117:41:36

正確なこととそうでないことがあります。

自分は参考までに
フィリピンのバギオで勉強しカナダでも勉強しました。

英語は助詞がありません。日本語は助詞があるので語順がそれほど重要でないですよね?

しかし、英語は言語の順序が重要です。
なので発音がオーストラリア、米国、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカ
各国違っても、単語の順番配列規則によって多推測可能で理解することができます。

米国も東部の発音、南部の発音、中部の発音すべて違うので、
ミシガン州の方の発音を一番優先して教材を作ることもあります。

例)ミシガン州の(Michigan Action English)フィリピン行って勉強する理由は?

まさにマンツーマンレッスンのためです。

授業中、学生は先生の言葉を聞き取ろうと反応し、
自分が持っている単語レベルと文法レベルで言葉を作ろうとし、
このような一連の過程が脳の(synapse)に接続します。
そしてそうすれば、英語式脳が作成されます。
ここで文法の知識が増えて単語の知識が増えると、英語力が伸び始めるのです。
フィリピンのマンツーマン授業は何人かでグループレッスンを受けるよりもはるかに能動的であり、
積極的に授業を受けることができます。
そして、もう一つ、フィリピンは授業量が非常に多いのです。フィリピンの良い語学学校の場合、
一日12時間の授業が行われます。



一般的にカナダ、米国は1日5時間の授業です。
英語力は勉強した授業の総量というのは、勉強した人なら分かるはずです。

もう一つの利点は、勉強だけに集中することができる環境というのです。
食事も提供され清掃、洗濯物までしてくたら英語の勉強だけできます。
米国、カナダは車に乗って移動しなければないうえに
食事も自分でしなければならず、不便な点が多いです。

そして、間違った英語を使いながら米国、カナダ語学研修に行くということは
、、、、あほらしいです。

行ったところで一番低いレベルで勉強することになると思いますが非効率です。

お金を無駄にするだけです、、、、。

少なくともintermediateぐらいのレベルでなければ、
グループ授業の時、積極的かつ能動的に参加し勉強することができます。

しかし....フィリピン留学する際に注意しなければならない点があります。

フィリピンの語学学校をよく選ぶということです。
良い先生が多く在籍する語学学校を選ぶ必要があります。

私が選んだ学校です。なぜ選択したかというと、、

先生が気に入らなければ、無条件に変えられる学校で
土曜日にも授業が提供されて
IELTS 7.0/ TOEIC900の半分を取得することができる実力のある学校であり、
エージェントを介して手続きせずに(エージェントは手数料を多くを貰える学校を推薦してくる傾向があるため)
自主的に学生を募集する学校であり、
私の韓国人の親しい友人が紹介してくれ自分自身もこの学校で勉強しました。

A+アドバンス語学学校 ( www.aplusjapan.com )

ここで実際に勉強してみれば上の言葉は間違っていないと十分に感じることができます。
ちなみにカナダではILSCで勉強してCo-up visaでインターンシップをしました。
https://www.ilsc.com/

aaa********さん

2018/1/2910:44:19

バギオがセブよりもレベルが高い理由は色々ありますが

フィリピン一の教育都市なので、大学が非常に多いのです
だから先生のレベルも高いと言われます。

セブやマニラのように治安がそこまで悪くないため教育的に落ち着いた町ですなので勉強するのに最適だと言えます。
セブの場合は、あまりにも学校が多く約100個の語学学校があります。でも大学は少なく良い先生が転職したり、先生の入れ替わりが激しいのでクオリティが低くなります。

バギオで良いと言われる学校には

A+アドバンスという語学学校があってここ基本的エージェントを通じて募集しないで直接生徒の募集をしているんです。マンツーマン授業も多く、先生のレベルが非常に高いです。

あとHELPのマーティン校もお勧めします
ここは、ロンロン校とマーティン校がありマーティン校が日本人が勉強しやすいキャンパスです。スパルタの元祖としても人気があります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/1/2812:59:27

語学学校のレベルの問題ではなくて環境の違いです。

語学学校で有名な地区といえば「セブ」「クラーク」「バギオ」「マニラ」と有りますが
「セブ」は有名なマリーンリゾートの誘惑が多く学遊の両立が難しい。
「クラーク」はアンへレスに近く有名な歓楽街なのでこれも学遊の両立が難しい。
「マニラ」は治安的な問題で遊び歩く事は少ないが都市部なので生活費が高い。
「バギオ」は文教地区で気温も涼しく誘惑が少ないので勉強に適している。

こんな感じですね。後はネットで調べて自分の勉強スタイルに合った学校を選んだら良いのではないですか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる