ここから本文です

元大洋の森田斌投手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2018/1/2722:59:51

元大洋の森田斌投手を知ってますか?

1962年

ノンプロ川崎トキコの森田斌投手(26歳、中大出、右投右打)の大洋入りが決定的になった。森田投手は先日の都市対抗大会にはいすゞに補強されて出場。一回戦電電関東を六回まで1安打無得点、二回戦丸善石油との試合にも八回まで3安打無得点、九回2安打を喫して負けたが、なかなかの好投で一躍注目を浴びた。大洋としては優勝するためにすぐ使える投手がほしかったところで、一週間以内に契約、新戦力としてすぐ一線に立たせることになろう。なお川崎コロムビアの左腕虎若投手(21歳、八幡商出)は阪神入りが濃厚である。

略歴 昭和三十年川越工から中大に入学。大学時代は投手としてより打者として活躍。トキコに入社後投手として再出発、川崎地区随一の好投手となった。速球、シュート、スライダーが主武器の本格派。コントロールもいい。

森田投手の話 鈴木さん(隆)や桑田とは家が川崎にある関係でずっとつき合ってきた。こんど大洋から話があったが、よそのチームという気がしない。どのていどやれるか目標は立たないが、はいるからには全力をつくすつもりだ。

大洋藤井スカウトの話 予選から大会を通じて森田のピッチングをみたが、じゅうぶんやれると思って交渉した。まだ正式に承諾の返事はもらってないが九分九厘だいじょうぶと思う。すぐユニホームを着て投げてもらうつもりだ。

閲覧数:
26
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2018/1/2821:13:59

以前学習しましたね。
知ってます。

埼玉県立川越工業高等学校で活躍後に東芝へ入社するが、退職して中央大学に進学。


中大には1年下に小栗秀夫、若生照元(大洋)両投手がおり、外野手としての出場が多かった。

東都大学リーグでは、同期の桑田武らとともに1958年春季リーグで5年ぶりの優勝に貢献。

同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で立大に惜敗し準優勝。

卒業後は川崎トキコを経て、1962年に大洋ホエールズに入団。

1963年に21試合に登板し2勝をあげるが、その後は登板機会に恵まれず1964年限りで現役引退。

引退後は大洋の投手コーチを1968年まで務めた。

2011年6月17日、白血病のため神奈川県横浜市の病院で死去。満76歳没。

通算22試合登板。
2勝3敗。
防御率2.70

背番号
28 (1962年 - 1964年)
51 (1965年 - 1968年)

1メートル72、72キロと大きくはないが、森田の球はいわゆるひねくれダマ。

内角へ直球を投げてもナチュラル・シュートになってしまう。

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/28 21:23:16

うひょおおお

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2018/1/2802:03:45

知ってますよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる