ここから本文です

邪馬台国のライバルだった狗奴国も中国に朝貢していたのですか?

アバター

ID非公開さん

2018/2/619:30:08

邪馬台国のライバルだった狗奴国も中国に朝貢していたのですか?

閲覧数:
324
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2018/2/621:30:49

狗奴国は独自には外交関係はもってなかったのでは?

まず、狗奴国の正体から突き止めることから始めないといけないように思う。
自分が思うに、その時代の中国の音韻が中古音なので
狗奴国は、コノ国と発音し、
これは、山城国風土記逸文にある、許乃国(このくに)のことではと推測します。
山城国風土記逸文によると
現在の宇治市のあたりは、許乃国(このくに)という国があったそうです。

日本書紀の崇神紀などによると、

このあたりの領主は、皇族の武埴安彦命だったので、
卑弥呼と対決した狗奴国(このこく)の男王の卑弥弓呼(ひみここ)とは、
許乃国(このくに)の領主だった彦命(ひこみこ)、
つまり、武埴安彦命のことでしょう。

彼は、母方や妻の実家でもある河内彦の力を借りて
時のヤマト朝廷の世俗王であるミマキイリヒコ(崇神天皇)と
祭祀王であるヤマトトトヒモモソ姫命らに謀反を起こした
皇族です。

魏略によると、

狗奴国の男王の卑弥弓呼、その副官は拘右智卑狗とあり、
許乃国の領主だった彦命、その参謀は河内彦のことだと思います。

つまり、魏志倭人伝にある狗奴国王の乱とは
日本書紀や古事記にある武埴安彦命の乱のことだと思います。

現在、奈良県桜井市の纏向遺跡や箸墓古墳が、
邪馬台国の本拠地であり、卑弥呼の墓では?という説が有力で
その場合、卑弥呼(ひみこ=姫命?)の正体は
ヤマトトトヒモモソ姫命だという説が有力です。

  • mon********さん

    2018/2/700:20:16

    ちなみに、なぜ、魏国が倭国に使者を送ったのか
    という理由に着目しないといけません。

    その当時、魏による朝鮮半島への支配は盤石ではなく
    西暦240年代に、三韓の反乱がおこり、
    帯方郡の太守が殺害される事件が起こりました。
     
    そこで、魏は三韓を鎮圧する必要が出てきたのです。
    そこで、魏は更に海の向こうにある大国の倭国に注目したわけです。
    魏国は倭国に魏の冊封国としての援軍を要請したはずです。
    だからこそ、倭国の使者で大夫である難升米(梨迹臣命)に
    魏国の軍旗を与えたわけです。
    こうすることによって、倭国が半島へ出兵しても、
    魏が支配する朝鮮半島に対する侵略ではなく、
    それは魏国の意思に基づいた軍隊という大義名分ができるわけです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/11 10:47:25

皆さん、ありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kon********さん

2018/2/720:27:07

その可能性は大きいと思います。
むしろ、狗奴国が呉とつながりが深いので、それに対抗して邪馬台国は魏に積極的に朝貢したのではないでしょうか。

熊本県人吉市の才園(さいぞん)古墳から、全国でも希少な金メッキがされた呉の神獣鏡が出土しています。
才園古墳は六世紀に築造された古墳ですが、中国の三国時代の呉で作られた神獣鏡が出土したということは、弥生時代には呉と航路を開いていたということになります。
狗奴国は熊本一帯を中心にしてあったと考えられ、倭人伝からもそのことがうかがえます。

女王国の二十一の旁国名が列記され、続けて「これ女王境界の尽きる所。その南に狗奴国あり。男子が王を為し、その官に狗古智卑狗あり。女王に属さず。郡より女王国に至る万二千余里」。その後に当時の風俗が書き連ねられますが、次に「差し計ると、當(まさ)にその道理は會稽東治(かいけいとうや)の東に在る」とあります。
會稽東治(冶)は呉の領土で、現在の地図上では熊本は東と言うよりも東北の方角になりますが、古代の観念では東と考えていたのでしょう。

狗奴国が九州の中西部にあったと考えれば、以上の説明はつくように思えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

num********さん

2018/2/623:38:55

していません。

呉と関係を持っていたという説がありますが、
「三国志」を読む限り、明確に否定できます。
人不足問題に悩んでいた呉の孫権は、人さらいのため
軍を台湾とその先(九州とされる)に派遣していますが、
台湾から先は遭難して失敗し、将軍2名が処刑されています。
水軍が得意な呉でこの有り様ですし、この政策から
台湾から向こうとは公的交流がなかったことが明らかです。
朝鮮半島南端の狗邪韓国~北部九州の対馬海峡一帯は
邪馬台国連合が押さえていますから、大陸との往来は不可能ですね。


「邪馬台国畿内説」が近年提唱している新年代は
国際基準から100年近くずれた炭素14年代測定法を用いており、
その詳細を公開していないことから、悪質な捏造が行われています。
畿内の古墳を無理矢理邪馬台国時代にあわせていますが、
相手にする必要はありません。

「魏志倭人伝」通り、北部九州に邪馬台国連合30余国、
熊本あたりに狗奴国で問題ないでしょう。
狗奴は当時の発音で「クヌ」と読むべきで
「ヌ」は「大いなる」の意味の接尾語で縄文古語です。
つまり、大いなるク=熊・球磨となります。

kuw********さん

2018/2/622:37:28

最近の調査では「古墳時代」が3世紀中ごろに始まったことが判明しました。

最も古い形式の「前方後円墳」である「箸墓」から出土した土器に付着していた炭化物を「炭素14年代法」で測定したところ3世紀中ごろという結果が出たからです。

▼国立歴史民俗博物館研究報告 第163 集 2011 年3 月

「古墳出現期の炭素14年代測定」春成秀爾 172~173頁

「古墳開始期にかかわる桜井市纏向遺跡群出土試料などの炭素14 年代測定を系統的に実施した。 測定結果は日本産樹木年輪の炭素14 年代測定に基づいて較正し,土器型式および出土状況からみた遺構との関係による先後関係から,箸墓古墳の周壕の「築造直後」の年代を,西暦240~260 年と判断した。」

この結果は何を意味しているかというと、「箸墓」の築造を画期として列島各地で同時多発的に「前方後円墳」が登場しました。

その範囲は西は九州から東は東北南部までの広範囲にわたり、同じ形式の古墳が築造されてところから政治的な一元化があったと考えられて「古墳時代」と称されています。

「箸墓」を頂点として大和とその周縁に大型・中型の古墳が集中して東西に離れるにつれて小型化している「階層化」があることから大和とを中心とする「大和王権」が成立したと考えられる。

▼『前方後円墳国家』、(広瀬和雄 角川選書2003年)、p.7

「古墳時代には日本列島において、北海道及び東北北部、沖縄を除いてその主要部にほぼ統一的に政治的影響力を有する政治体制が成立する。それは政治勢力の拠点であった地名に因み大和王権と称されることが多い。」

▼前方後円墳体制論の提唱-1『日本史研究』3 都出比呂志

「前方後円墳は墳墓の1形態であるが、これまでの前方後円墳研究において、この独特の形態を有する墳墓がほぼ本州から九州にまで、規模に格差をもちながらも広く認められることは、単に墳墓の-形式が伝播したという事実にとどまらず、その背後に政治的な意味を見出している。このような画一的な墳墓の形式には政治秩序の一元化が表されている」


倭人伝をみると

「女王国より以北は、その戸数や距離のだいたいのところを記載出来るが、その他のかたわらの国は遠くて情報もなく、詳しく知ることは出来ない。」

として上で「国名」だけの記載が続いて、その先に狗奴国があるわけですから九州であるはずはありません。


倭国(大和王権)の支配している地域は「前方後円墳」が存在している地域であるという考古学の常識と倭人伝による中国からみると最も離れたところに存在するということである。

したがって、福島県会津市の「杵ヶ森古墳」が最北で中国から最も離れているので「狗奴国」は東北北部(福島県北部)にあることになる。



この地域からは中国の鏡が出土していないことから「狗奴国」の朝貢はなかったでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rir********さん

2018/2/619:58:39

何かの本で見たのですが、九州北部の
邪馬台国連合が中国北部の魏と。
熊本以南の狗奴国連合は中国南部の呉と。
それぞれが連携や朝貢や同盟化で対抗。
代理戦争?朝鮮半島の国々も同じように。
どうでしょうね。
諸説ありで。
決着がつかず、邪馬台国は畿内へ東遷して逃げる。
狗奴国も倭の五王時代に日向・宇佐から東征し
堺平野の巨大古墳群へ。応神天皇。

pin********さん

2018/2/619:53:46

邪馬台国の卑弥呼が、狗奴国との戦闘状況を伝えるとの、魏は危機感を持って速攻で帯方郡に居る国境警部が専門の軍事高官の張政を派遣して来ます。
この事から、「狗奴国」は南朝の「呉」と接触を持っていたのではないかと考えられています。
南九州は、「免田式土器」等、南朝系の文化が早くから入っていて、九州北部とは少し違う文化圏を形成していたようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる