ここから本文です

冬の北海道(釧路・網走)旅行について、 雪国に不慣れな旅行者にアドバイスを下さ...

ayn********さん

2018/2/1200:31:48

冬の北海道(釧路・網走)旅行について、
雪国に不慣れな旅行者にアドバイスを下さい。

2月の下旬に、釧路湿原や鶴居村、川湯温泉、網走・おーろら号乗船を予定している者です。
移動は観光

タクシーのほか、普通タクシーと公共交通機関(主にバス)です。

当方、北海道が大好きで、
春〜夏でしたら函館や札幌、美瑛、知床など
様々なところへ何度も訪れました。
しかし冬に北海道へ行くのは初めてで、
防寒準備などをしてても少し不安要素があります。

生まれてこの方東京在住で、
雪や氷点下には慣れておりません(^_^;)
(雪が積もっていた旅行先は白川郷くらいで、
着脱式のスパイクを冬靴に付けたりと当たり前の対策はしていましたが)

そこで北海道在住の皆様に、
「雪国に不慣れな旅行者に、冬の北海道旅行の注意点」
を教えていただければと思います。
移動手段のこと、路面のこと、防寒のこと、
何でも構いません。

▲喧嘩腰なご意見や、当方の質問内容に全く当てはまらないご回答は申し訳ありませんがお断りいたします

思いつく限りの下調べは万全ですが、
道民の皆様目線で何か注意点があればと思い、
再確認させていただきたく投稿しました!
よろしくお願いいたします^_^

閲覧数:
357
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tut********さん

2018/2/1215:15:47

他の方も指摘しておられましたが、靴は滑らないだけでなく、保温性も大事ですよ。薄い靴で長い時間外に居ると足の指が『しもやけ』状態でかゆくなることがあります。内側全体がボアのブーツとか暖かいのを履いてくださいね。足裏に貼る使い捨カイロもいいですよ~
帽子もおでこまで被ってください。頭が冷えすぎると 後で頭痛になることがあります。

屋外全体が『レフ板』です‼ 快晴の時も要注意。雪目・雪焼けをすると 後の日常生活が大変ですから UV はぬかりなくね。頬から下はマフラーなどで覆って守っては?

質問した人からのコメント

2018/2/17 10:12:09

雪焼けのことが頭から抜けていたので、
しっかり日焼け止めを塗り、
なるべく顔も露出しないようにします!
楽しい北海道旅にしたいと思います^ ^
皆様ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dat********さん

2018/2/1520:13:20

北海道へようこそ
陽射しは春ですが
3月、低気圧が台風並に発達して猛吹雪になります。
無理しないようにお願いします。

釧路は少雪です。レンタカーで移動
多分、大丈夫です。
川湯方面
もしかしたらレンタカーで安全に行けるかも知れません。
天候、路面状況調べてください。

防寒靴は必要です。
滑り止付き、冷たい外気温から足を守ります。
裏地がある手袋履いて
こちらでは履くと言います。
その意味も来道されたら理解出来ると思います。
ニット帽子もお願いします。
転倒時のヘルメット代わり、耳の凍傷防止です。

川湯温泉、風が無く、晴れた朝に道内トップの最低気温マークします。

開発局の道路カメラ
http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index_gazou2.htm
網走市のカメラ、他の映像も参考にしてください。
http://www.stv.jp/webcam/abashiri/index.html
http://www.hbc.co.jp/info-cam/sapporo.html

hen********さん

2018/2/1307:41:15

北関東の住人だがあえて

アイスバーンを歩くのが殆どなので滑らず保温が効いた靴を履くこと
裾から雪が入りこまないようにする。

着るものは、外では防寒をしっかりなのだが、汗をかかないように。
汗をかくと休んだ時に急に寒くなる。
特に室内に入って汗をかいて外に出ると寒くなるよ。

サングラスかゴーグルは必須。
特に晴れた日は上からだけじゃなく下からの反射がきついよ。

手袋は必ず。
凍った所に素手で行くと皮膚がやられる。

襟首、手首、足首は保温すること。マフラーなどを上手く使うこと。

jrr********さん

2018/2/1213:42:16

もう10年以上前の3月はじめにそのへんに旅行しました。

防寒具(特に下半身や足元)は現地で追加調達がいいでしょうね。基本的にはスキーや冬山登山の格好をしていればいいわけですが、現地の店員さんの意見を受けたほうが無難です。

丹頂鶴を見に行ったのですが、一所に2時間以上じっとしていて観察を楽しみました。
観光バスが来ては5分ほどいて「置物じゃないか?」など言いながら去っていきましたが、長くいたおかげで頭の上を飛んでくれたりもしました。

オーロラ号では流氷の上にオオワシがいるのも見られました。

ものすごく寒かったけど行って良かったです。

ただ、天候が悪ければ命にかかわることを銘記して、ホテルを予約していても移動にこだわらない。更にはホテルから出ない勇気を持つことも必要だと思います。

aki********さん

2018/2/1211:27:46

厚着をすることくらいしか思いつけません。あとは、使い捨てカイロとか?

耳あてがあるとよいですよ。耳たぶが千切れそうな体験をしなくて済みます。

max********さん

編集あり2018/2/1207:11:16

じゃあ、敢えて言いますよ。

ナイチの人、東京の人に決定的に
足りないもの

①素直に受け入れる気持ち

状況を素直に受け入れて、地元の人の意見を聞いて、学び、判断すること
ご託、屁理屈で考えないこと

② 自然(雪や冬)を舐めてかからない、
逆らわないこと


この二つの心構えは
不可欠

年数度とは言え、
たった数センチの雪でも毎年都内の人が繰り返し対応出来ない、
大騒ぎになるのは、
少なくともこの二つの
「心構え」が
全くないからだと思う

まずは、都内で積雪があったとき、
自分達にどんな心構えが足りなくて、実際どうなってしまい、どう困ったか
こういう事は、自分でも振り返って考えられますよね?

具体的に着るものや靴等は、
カネとモノがあれば揃うけど、
大事なのは心構え。

敢えていえば
予めしっかりと天気予報を見て
「地元の人(宿の人)に訊く勇気」
「辞める、一旦留まる勇気」
これが不可欠。
【日テレ系 STVの天気とライブカメラを参照可能】
http://www.stv.jp/weather/index.html


そして、冬靴を靴屋に行って見立てて貰い、買って下さい。

もう使わないから買わない
そう思う気持ちでいるなら、
ダメだと思います。

もし、こちらで
付け焼き刃のスパイクで対応すると考えているなら、
我々にはお笑いぐさです。

冬靴には、足元の防寒と防滑の意味で不可欠です。


自分がケガや寒さに耐えられないこと、装備しないことは、
周りの人も巻き込んでしまう事も考えてみて下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる