ここから本文です

65歳以上の在職老齢年金の支給停止額についてい質問いたします。

jrd********さん

2018/2/1210:20:44

65歳以上の在職老齢年金の支給停止額についてい質問いたします。

給与だけで、月額46万円を超えてしまう場合は、老齢厚生年金から経過的加算措置の金額を引いた金額の、2分の1が支給停止になるということでよろしいのでしょうか?

年金ネットで計算しても、全く違う数字が出ますので質問しました、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
3,275
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rir********さん

2018/2/1213:37:45

65歳以上の老齢厚生年金は
報酬比例部分+経過的加算+加給年金額(一定の子・配偶者を有する場合)になります。
(繰下げている場合には繰り下げ加算額も含みます)

在職老齢年金の仕組みによる年金カットを算出する際には、上記の内、報酬比例部分のみの年金額を12で除した額をもって基本月額とします。

つまり、基本月額は老齢厚生年金から経過的加算・加給年金額・(繰り下げ加算額)を控除した報酬比例部分の額の1/12、月額相当となります。

総報酬月額相当額については、当該月の標準報酬月額と当月以前1年の標準賞与額総額を12で除した額の合算額となります。

65歳以上の方については、基本月額と総報酬月額相当額の合算額が支給停止調整額(29年度:46万円=30年度も変更なし)を超えた(以上ではありません)場合に、下記算出式に従い報酬比例部分の年金の一部あるいは全部がカットされることになります。

支給停止額={(基本月額+総報酬月額相当額)-46万}×1/2

となります。

上記算定に従い、報酬比例部分の『一部が支給停止』された場合には、加給年金額は支給停止されることなく、その全額につき支給されます。

一方で、報酬比例部分の『全額が支給停止(支給停止額が基本月額以上)』された場合には、加給年金額もその全額につき支給停止されることになります。

ただし、いずれの場合でも経過的加算・(繰り下げ加算額)が支給停止されることはありません。

以上を踏まえた上でご質問に照らすと。。

給与(標準報酬月額)のみの46万超をもって支給停止額を算定するわけではないことがご理解頂けるのではないかと思います。

HPからの引用ばかりに終始されることなく、アドバイザーさんはしっかりされて下さいね。

  • 質問者

    jrd********さん

    2018/2/1508:47:24

    給与と年金の基本額をたした額の46万円を超えた額2分の1を厚生年金の支給停止にするということですね。仕事をしている限り、もらえる額が少なく70まで厚生年金を払い続けるって、不合理ですね。
    回答ありがとうございました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/2/17 17:02:38

回答をいただいた皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2018/2/1211:14:18

65歳以上の場合は基本月額と総報酬月額相当額の合計が46万円以上になると支給される年金が減額され始めます。
また、在職老齢年金が全額支給停止になると加給年金についても全額支給停止になりますので注意しましょう。ただし、在職老齢年金が一部のみ減額されるような場合に関しては、加給年金は全額支給されます。

基本月額※-(基本月額+総報酬月額相当額-46万円)÷2

※加給年金を除いた老齢厚生年金の月額

質問の答えは、月額46万で無く基本月額と報酬比例月額相当額の合計が46万円以上で、経過的加算では無く加給年金を引いた基本月額となります。

仮に基本月額が16万円、総報酬月額が31万円だった場合は47万円となりますので減額対象になります。この場合、年金の減額がいくらになるのかも計算してみましょう。

16万円ー(16万円+31万円ー46万円)÷2=15.5万円が在職老齢年金を適用した後の年金支給額となります。
結果として、16万円ー15.5万円=5千円の年金が減額されることになります。

数万円月収が増えるだけでも年金の減額対象になることから線引きが重要になると言えるでしょう。所得が増加すればその分住民税や所得税も徴収されますので損をしない基準で働くことが必要になります。

年金アドバイザーでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tom********さん

2018/2/1211:05:59

給与だけで46万円を超えてしまうときではありません。
給与(報酬+賞与1年間の1/12)厚生年金報酬比例との合計が46万円を超えるときです。
老齢厚生年金から経過的加算措置の金額を引いた金額の、2分の1が支給停止になります。

報酬45万円+厚生年金報酬比例15万円をしたとき・・
合計は60万円となり、46万円を14万円超えているので、その1/2である7万円が支給停止になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる