ここから本文です

熱力学に関する質問です。

cxx********さん

2018/2/1915:00:04

熱力学に関する質問です。

準静的過程とは理想気体を対象としたものですか?
例えばピストンに気体を入れ準静的過程で変化させると内部の気体は微小量dQだけもらいそれを用いて微小量dwだけ仕事をすると思いますが、この過程では圧力は外圧と等しく、ピストン体積は変化します。
ここで、体積が変化するということは、分子の存在する空間が変化するというもので、もしも理想気体ではないとすると、ファンデルワールス力を考慮する必要がありこの力は体積に依存すると思います。

閲覧数:
118
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2018/2/2506:56:52

いいえ。準静的過程という概念は理想気体にかぎらず一般の気体に対して成り立つ概念です。常に系が熱平衡状態であるとみなせるだけゆっくりと系を変化させる、という意味なので、気体が理想気体であろうが何であろうが関係ありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qua********さん

2018/2/2513:00:08

準静的とは外界にやった影響が、そっくりそのまま外界が受け取ること。

分子間力は気体内部の話なので、準静的とは違う話しです。

要するに、分子間があろうとも準静的は有ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる