ここから本文です

体液性免疫 細胞性免疫 の違いがいまいち分かりません。

アバター

ID非公開さん

2018/2/1817:10:50

体液性免疫 細胞性免疫 の違いがいまいち分かりません。

体液性免疫は体液中の抗体が抗原を排除
細胞性免疫は細胞が直接働き排除する

ただたんに抗原の排除の仕方が違うだけですか?

分かる方簡単に教えてください。お願いします。

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mit********さん

2018/2/1821:51:53

個人的には、あまり好きな区分ではないのですが.....

歴史的に免疫の現象が血液中のどういった成分が関係しているんだろう、と考えて、まずは血漿と血球に分けて、どっちが関与しているか調べたわけです。それで、なんかどっちも関与しているねって流れになって、体液性免疫と細胞性免疫と呼んじゃったんですね。体液性免疫は抗体と補体。細胞性免疫は、食細胞と細胞傷害性免疫細胞(NKおよびキラーT)。

でも、今では、相互に作用しながらはたらいていることがわかっているので、なんだかモヤモヤ感がありますよね。

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/23 23:17:13

ありがとうごさいます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる