ここから本文です

相続税に関して勉強したのですが、テキスト通りの順番で計算 しましたが、下記で...

mom********さん

2018/2/1818:59:30

相続税に関して勉強したのですが、テキスト通りの順番で計算
しましたが、下記であっているか教えて下さい。

被相続人:父親、
相続人:母親、長男、次男


1.父親の財産
・自宅(家1000万+土地A3000万) 4000万 ⇒母親に相続
・別の土地B 3000万 ⇒長男に相続
(長男(別居・別家計)所有の家が建っている)
・現金+有価証券 5000万
内訳⇒母親 2000万、長男 1000万、次男 2000万
相続対象 計1億2000万円
・生命保険、葬儀費用別

2.特定住居用宅地評価減
母親相続で土地A462㎡中330㎡まで80%減のため土地評価は▲1800万円

3.各相続価額
母親 家・土地(4000-1800=2200)、現金2000万 計4200万
長男 土地B 3000万 現金1000万 計 4000万
次男 現金2000万 計2000万
課税価額合計 10200万円

4.課税遺産総額は
基礎控除 4800万円(3000万+600×3名)引く、
10,200万円-4,800万円=5,400万円

5.法定相続分に応ずる取得額
母親 50% 5,400×0.5=2,700万
長男 25% 5,400×0.25=1,350万
次男 25% 5,400×0.25=1,350万

6.相続税総額計算
税率 控除 相続税
母親 2,700×15%-50=355
長男 1,350×15%-50=153
次男 1,350×15%-50=153
合計 661万円

7.あん分割合の計算
各相続価額÷課税価格合計=あん分
母親 4200÷10,200=41%
長男 4000÷10,200=39%
次男 2000÷10,200=20%

8.各相続人の相続税額
あん分割合×相続税総額=各相続税
母親 41%×661万円=271万 母親は税額軽減で0円
長男 39%×661万円=258万円
次男 20%×661万円=132万円
したがって 合計税額390万円


この理解でよいですか。

閲覧数:
99
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/2/1820:12:00

> 生命保険、葬儀費用別

これの意味ですが、生命保険も、葬儀費用も相続申告用紙に記載ページ有ります。
あくまでも、計算事例として、存在しないなら良いのですが。

生命保険金は法定相続人3名ですから
---500x3=1500万円超えていたら、相続財産に合算です。

葬儀費用は、
---相続財産と相殺です。
---お寺さんへの費用は領収書無でも計上できます。

で、実際の相続申告書類を手順通り埋めたなら、小規模宅地の特例計算以外は有ってます。
小規模宅地の特例は、計算手順を省略記載しているようですが、
路線価、倍率は確認してますか? 分筆無ですか?

  • 質問者

    mom********さん

    2018/2/1917:19:08

    nonbiridriver様
    ご回答ありがとうございます。
    生命保険も葬儀費用もあえて割愛しました。
    保険は300万しかなく、1500万に入ることも勧めたいのですが、高齢者に対し説明しつらく、このままです。
    小規模宅地特例については
    土地140坪で3000万、建物1000万で概算です。
    路線価からはもう少し高いですが、質問しやすくするために
    簡単数値にしました。

    知恵袋で知識固めた上で、非相続者(父親)に理解求めて
    正確な明細をもらい、税理士さんに相談に行こうかと
    考えてました。

    大変助かります。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる