ここから本文です

将棋のルールについて質問です。

gom********さん

2018/2/1907:00:37

将棋のルールについて質問です。

将棋って、王手されているのに気付かずにその王手を放置した一手を打ったり、自分の駒を動かしたことで自動的に王手になってしまうような手を打つと、「相手が王様を取ったので勝ち」ではなく、「自分の反則負け」という扱いになるらしいですね。

そこで疑問なのですが、「反則負けである」と決めるのは誰なのでしょうか?
対戦相手が「それ王手放置ですよ」と言う事で自分が負けを認める、という形なのでしょうか?

もし仮に、まぁそんなことはないと思うのですが、自分の駒を動かしたことで勝手に王手になっているという状況に相手も気付かず、指摘することも無いまま全く関係ない別の一手が進行してしまった場合、どうなるのですか?
立会人が「今の反則でしたよ」というように言うのでしょうか?
それとも、本人達が気付いていないならそのことを言ったりせずそのまま局は続くのでしょうか?

閲覧数:
77
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nis********さん

2018/2/1910:30:55

「反則負けである」と決めるのは誰なのでしょうか?
…規定では反則を犯した者は即負けとなるとあります、自分で気づいたら投了しなければいけません。対局相手が指摘しても成立します。また、対局者以外の第三者も反則を指摘できるので、タイトル戦なら立ち合い人が指摘するでしょう。
以前にNHK杯か何かの中継で、二歩を指したケースで記録係と秒読みが顔を見合わせた後「まで何十何手で○○何段の勝ちです」と宣言し、両対局者が「えっ…(ああ二歩か)」となったシーンを見た記憶があります。

反則に気付かず進行した場合、対局中に気付けば反則が行われた時点に戻って反則負けが成立します。しかし、気付かずにどちらかが投了した場合は投了が優先されます。

質問した人からのコメント

2018/2/19 19:43:08

なるほど!
そのまま進行してしまっても、反則の時点まで盤面を戻すのですね!

まぁプロの試合でそんなことはないと思うのですが、一度は見てみたいものです笑

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jk4********さん

2018/2/1907:25:12

放置したらその時点で反則負けという規定ですから、何時気付いたのかということに関係なく、放置が発見された時点で負けにされる。誰もずっと気付かないということなどありえないが、もし、そういうレベルの人たちの将棋で、棋譜の再現も不可能ということであれば、何事も無かったかのようにそのまま勝負が続行されて、両者が納得できる形、疑いない勝ち負けがはっきりするところまで、勝負が続くことになると思う。

要は、誰も気付かなければ、二歩の反則を打っても、最後まで、王様の逃げ場が無くなるまで、勝負は続くことになるのと一緒。誰も気付かなければ、当然、そうならざるを得ない。

しかしながら、立ち会い人、記録係など、関係者がいて、彼らが反則に気付けば、速やかな進行を求めて、勝負が決していることを告げ、次に予定されている対局を促す。運営進行に努める。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる