ここから本文です

Gqタンパク質は、Ip3受容体による小胞体からのカルシウムイオン流出がありますが、

chi********さん

2018/2/1916:55:11

Gqタンパク質は、Ip3受容体による小胞体からのカルシウムイオン流出がありますが、

Gs Giタンパク質もカルシウムイオン濃度に関係あるのですか?

Giタンパク質は、カリウムイオンチャネルの開口で、細胞内カリウムイオン濃度が低下すると、細胞内カルシウムイオン濃度が上がるのですか?

閲覧数:
87
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

koj********さん

2018/2/2223:26:02

GsやGiと共役する受容体からのシグナル伝達でCa2+チャネルの開閉が制御される場合はあります。

例えばGABA作動性シナプス前終末のGiと共役するGABA B受容体はCa2+チャネルを抑制します。
また、心筋細胞ではアドレナリンβ受容体と共役するGsはアデニル酸シクラーゼを活性化させ、cAMPによりプロテインキナーゼAが活性化しL型Ca2+チャネルの開口確率が上がります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる